先輩って・ありがたい!

昨日の模型分析の患者さん。

難しい症例です。

仕事が終わってから、

かたづけも済ませ、

院長室にて、

チェアーにドカリと。

ズッと、

頭から、

先の分析結果が離れません。

で、

思いついたように、

日本歯科大学新潟病院の黒川副院長の携帯電話へと。

おう!

三枝ぁ・どうしたぁ!

で、

かくかく・しかじか。

アメリカン・ナソロジー学派の洗礼を受けた

ベテランの現役大学教授って、

私の知る限り、

黒川副院長くらいです。

三枝っ・チョッと・タンマっ!

ソレって・

マジッ!

ヤッパリ・電話して良かった!

状況判断を生理的に、

野性的【勘】が、

黒川副院長、流石です。

タンマって台詞が出せる処が、

答えナンです。

これで・私の腹が決まりましたから。

こういう際の、

先輩って・ありがたいノです。

30歳代って、

はな垂れ小僧ですよ。

40歳代は、

もっと・勉強しなせぃ!

先人の知恵と勘は、

活きた教科書ナンです。