セラミック修復を・あなどってはなりません

セラミック・クラウン修復を行うには、

歯を削って、

歯型を採ります。

で、

歯科技工士がセラミック・クラウンの製作を担当して、

再び、

セラミック・クラウンは歯型と伴に、

歯科医師の手許に戻ってきます。

で、

歯に装着。

治療のを流れを言えば・そうなんです。

でも、

この流れで治療を素直に受けたら、

どんな結末が待っているか・判りません。

歯を削るのにも、

1回でドバッと、

大量の歯質を削れば、

神経が傷みます。

歯型だって、

1回なんて、

精度無視のクラウン修復なら、

ソレは・そうなんでしょうが。

色調再現、形態の再現、

噛み合わせの自然さ、

その当たり前の【配慮】を大切にするのならば、

何カ月か・

絶対に必要ナンですよ。

丁寧な歯科治療を望む方のための、

私は歯科医師です。