嘘と本当

私の【総入れ歯】造りの実際は、

歯科医師国家試験の正解基準とも・

日本歯科補綴学会のガイドラインとも、

全く違います。

ですから、

大学病院では、

学生諸君には、

私は【総入れ歯】の治療は見学させません。

学生諸君には、

あくまでも国家試験基準を徹底的に教育しています。

私の【総入れ歯】造りのノウハウは、

補綴学の水橋准教授に、

すべてをさらけ出しています。

次代のリーダーの素質がある有能な歯科医師だと、

年少者である水橋准教授を尊敬していますから。

前歯は全て、セラミック人工歯です。

下の前歯とはシッカリとタッチしています。

奥歯の【咬合】は、

クラウン・ブリッジ修復と全く同じです。

水橋准教授のような【診る眼】を持った歯科医師が見れば、

標準仕様の総入れ歯と全く違う事は一目瞭然です。

でも、

ズッと、

ナンでも、

よく咀嚼できますし、

表情も、

歯があった時と変わりません。

私は次のように考えています。

私をプロゴルファーに例えるならば、

私はトーナメント・プロであると。

勝利を勝ち取る事が、

トーナメント・プロの宿命です。

芝生の目、

風向き、

様々な状況の変化を五感で察知し、

打つ手を自在に変えねば、

優勝できません。

総入れ歯の治療において、

患者さんの笑顔を獲得するためには、

試験基準の正解とは、

全く違った【仕掛け】が必要なのです。