単細胞

幼い頃から、

ケチャップ味は食べない環境で育ちました。

偏った考え方かもしれませんが、

味覚に対するケチャップへの偏見を持った家庭で

育った事が大きな理由です。

ですから、

今でも、

チキンライスを自ら口にする事はありません。

我が家の日曜日の朝は始動が遅いんです。

普段通りに起床するのは私だけ。

皆は・三々五々に、

好き勝手に起きてきます。

で、

パパァ、お腹空いたぁ~!

上の娘は私と一緒に、

深夜、大阪市から帰宅したので、

疲れているのでしょう。

ホサボサ頭で・起きてきて、

いきなり・お腹空いたぁ~。

若さって凄いデスよね。

何食べたい?

炒飯。

!!!

玉葱、人参、ベーコン、卵、

冷蔵庫の余りモノを使って、

私は炎の料理人と化したのです。

炒める脇で、

中華スープを。

ソファーで寝転ぶ娘に、

へぃ、お待ちどぅ!

あらっ・速っ!

いったい俺を誰だと思ってんだ!

そんな会話で、

うん、美味しい!

そりゃ・そうです。

そんな折に、

匂いに釣られて、

残りの二人も、

起きてきました。

で、

黙って、

黙々と食べています。

で、

美味しかった!

私は料理人では、ありませんが、

料理する際には、

気持ちの上では、

料理人になった積もりで、

包丁と中華鍋を手にします。

根が単細胞ナンだと思います。