総合的歯科治療

私の歯科治療は、

採血による血液検査からスタートします。

身体の1器官である【口腔】を、

総合的に診断し、

総合的に治療を行うためには、

全身状態の把握が必須条件であるからです。

問診票に記載して頂く全身状態に対する項目、

既往歴であったり、

現在の病歴、

現在の体調など、

患者さんが【気軽い気持ち】で記載していることに

30前半の時に気づいたからです。

たかが歯科治療だから・

ご自覚なさっておられないかもしれません。

が、

無意識下で、

そういった感覚が、

在るのかもしれません。

血液検査の所見から、

多くを学びました。

麻酔薬の選択、

投薬時の配慮、

手術時の縫合の糸の太さの選択と縫合の間隔など。

変幻自在に、

私は【手当て】に変化を付けます。

【生命歯学部】を名のる日本歯科大学の臨床教授たる

責務でも在ると、

日々・自覚しながら、

臨床に挑んでいます。