日本歯科大学新潟病院・臨床教授として感じること

来週は新潟です。

火曜日の昼休み、

バトミントン部の学生みんなを召集して、

全員の顔と名前を覚えようと思っています。

水曜日の夕方は、

総合診療科の菅原准教授が剣道部に顔を出して

学生たちを一丁・揉んでやるって言うので、

ほぉ・それならば私もと。

胴着を着て、

防具を身につける、

竹刀を手にするのは、

40年ぶりですから、

菅原准教授には、

お手柔らかにと。

先生、本当にお越しにナるんですか?

私は学生一人一人と、

丁寧に接したいと思っています。

コチラから、

機会をつくって学生に歩み寄ることが、

教官の務めだと思っています。

講義や実習以外の、

他の時間が、

学生の心を理解する手立てになると思っています。

青春時代を日本歯科大学新潟キャンパスで送る

学生たちの心に残る教官であることが、

私に与えられた大学からの使命だと思うからです。

若い世代って、

なかなか良いですよ!

国家試験に向かっての猛勉強に励む6学年生たち。

昨年の病院実習の際の彼らの表情を鮮明に覚えています。

講義で缶詰状態の6年生ですから、

私のスケジュール等の都合で、

なかなか顔を合わせる機会はありません。

それでも、

時々、

学食前で、

先生っ!

って、

声をかけられると、

おう!

とにかく頑張れ!

背中を叩いてエールを送るのです。

見事・国家試験に合格されても、

現制度では、

1年間の臨床研修医制度を通過しなければ、

社会にも出られませんし、

大学院への進学もできません。

少しでも多くの学生諸君が、

母校の新潟キャンパスで臨床研修医教育を受けられ、

続いて、

大学院へ進学し、

歯科医学の原理・原則を、

先ずは身につけて、

歯科医師も学者であることの、

自覚に目覚めて欲しいと願っています。

国家試験合格から5年間の過ごし方で、

その歯科医師の将来は決まると断言します。

足腰を地面にシッカリと身につけてから、

最新の歯科治療に挑んで欲しいのです。

母校の学生は、私の子どもです。

良き先導役になることが、

私が・ぶれないことの大きな理由であろうかと思っています。

ご父兄には、

御子弟のことが、さぞやご心配だろうと、

私も親です。

よく判っています。

ご心配には及びません。

将来、人の大切な身体の治療を行う医療人という専門職へと、

日本歯科大学新潟キャンパスでは、

本当に愛情と情熱を注いで、

教育にあたっていることを感じます。