前歯のセラミッククラウン修復

感染根管治療の必要性から、

他医院にて施術を受けた

2本の前歯のうちの・1本を、

再修復治療することになりました。

根管治療のあと、

ファイバー・ポストにて歯根の補強を行い、

メタル・ボンド・クラウン修復を行いました。

印象直前の写真です。

今日のセット後の写真です。

隣のセラミッククラウンは、

他医院での、

オールセラミッククラウン修復です。

本来ならば、

オールセラミッククラウン修復するんでしょうが、

あえて、

色調再現では不利なメタル・ボンドクラウン修復を選択しました。

クラウンと歯質との辺縁適合性とか、

この患者さんの噛み合わせなどを

考慮しての・モノです。

でも、

メタル・ボンドクラウン修復が実際的に、

美しくないとは思えません。

歯科医師と歯科技工士のコラボレーションで、

決まってくるんじゃないでしょうか?