医療機関は神聖な場所

新約聖書のルカによる福音書が、

私は好きです。

ルカという人物が医師であったと言われているからでしょうか。

ルカによるイエス・キリストの生涯を通す眼に、

私は心が落ち着くのです。

因みに、

聖路加国際病院はセント・ルーカス病院とも呼ばれますが、

このセント・ルーカスが、

聖ルカに相当します。

話しは反れましたが、

人の身体に治療行為を行うことは、

見方を変えれば、

人の身体に傷を負わすことにもなりかねません。

病気を治すということで、

私らは、

人の身体に手当て出来る訳ですが。

これは単に、

国家資格を保持しているからということで、

解決できる類のモノではないと、

私は考えています。

病んだ人は、

程度の差こそ在れ、

悩み、苦しみ、悲しさ、

などの、

負の感情を抱いていることを、

私は実体験から知っています。

手当てにより、

少しでも、

楽に過ごせる日々を送って頂けるように、

それこそ、

神さまに祈る想いで、

治療器具を手にしています。

それが、

私らの仕事です。

しかし、

手当てする側である私らも、

弱い・弱い人間なのです。

完全無欠という治療が無いことも、

経験から知っていますから、

治療器具を手にする際に、

恐怖の気持ちが無いとは、

決して言い切れません。

そのような毎回・毎回の手当てに際して、

正直に申し上げますが、

神さまにすがる気持ち・なのです。

私が医師として・まっとうに生きていれば、

治療の際には、

神さまが守って下さり、

患者さんに対する【決して眼には見えない力】が、

働いてくれていると、

私は信じているのです。

ナンと!

非科学的とお感じになられる方もいらっしゃるでしょう。

でも、

科学を知る者に、

信仰を持つ人が多いのは何故でしょう。