全身シャワー

新進歯学研究会の定例会は、

毎月1回、

私が大学に出勤した際に行われます。

会議は定刻ピッタリにスタート。

で、

キッカリ1時間で終了。

診療の妨げに・ならないように、

お昼休みを、

会議に充てています。

各会、

数名の演者が報告する訳ですが、

1時間という・決まった時間ですから、

ディスカッションも、

的を得た、

建設的なモノでなければ・なりません。

昨日の定例会、

定刻の10分前に、

会場である歯科放射線学講座の医局へと。

部屋の真ん中に鎮座する大テーブルの定位置に腰かけるや・イナや・

奥から、

直ぐに、

小椋教授が入って来られ・

た・瞬間・

開口1番に、

先生、ん・むぅ・ちゃくちゃっ・

忙しいん・でしょっ・!・

この方・判ってらっしゃる!

物体を透過して診断する・放射線の教授だけのこと・ありますね。

余裕綽々という飄々とした顔して見せてます私です。

高松市から新潟市まで、

自動車で往復?

体力試しと・口では言いました。

そんな馬鹿なこと・

50も半ばの私が・するかぁ?

大切な打ち合わせ・

秘密保守の他人には聞かせられない・

仕事の打ち合わせに・

車を使ってというのが・本音の処。

新しい治療器具とかシステムは、

臨床家とメーカーの細かい・打ち合わせから、

生まれて来るんです。

いっぱい仕事を抱えています。

さばく・には、

優先順位を直感的に付けて、

次から・次へと。

若手の後輩たちに、

私が・よく言う台詞。

頭じゃぁ・なくて、

全身からシャワー浴びるくらい・

仕事せぃ!

そう云う時期が・いるんじゃ!

その経験が・次のステップへの・足がかりになる!