時と場合によっては

根管治療は、

1日に患者さん1人。

右手の・

親指・人差し指・中指・

この3本の指先だけに・

全神経を集中させるんです。

で、

その状態を数時間、

持続し続ける。

かなり疲労困憊するんですよ。

根管治療は歯科治療の中で、

最も繊細な【手当て】です。

根管治療で張りつめた神経を、

次の患者さんの、

ダイレクトボンディング修復治療や手術で、

ノビノビと楽しんで、

精神と身体を、

元の状態に戻すんです。

基本的に歯科治療を、

私は・楽しんでいます。

が、

昨日は・キツかった!

この時期は、

今風でゆけば、

長期休暇。

働き方改革ですか?

しかし、

私の診療所は繁忙期。

長期休暇の間に、

手術を済ませたいとか、

長時間の治療に充当させたいと云う患者さんは・多いです。

昨日は、

根管治療の患者さんが4名。

普通の歯科医院なら、

もっと・多いンでしょうが。

1アポイントメントが2時間でしたから、

8時間・ズッと、

根管治療・ヤッてたんです。

秘かに、

私は、

自分の根管治療、

上手いっ・て、

思って・います。

術後のレントゲン写真を眺める際には、

清々しい気持ちに・なります。

日本歯科大学の典型的な術後写真が観えると、

そう・思っています。