お盆休みの過ごし方

さてさて、今日の今からは、

普段なら、

忙し過ぎて、

なかなか手が回らない1本の歯だけの・修復治療。

4ヶ月ほど前に、

他医院にて、

ジルコニア・インレー修復治療を受けた後から、

痛みが止まらない!

助けてくれぃ~!

そんな状況だったと・記憶しています。

私は歯の神経を採らずに、

徹底的に保存する主義です。

この時の私の診断は、

歯髄の病理診断、

一部性漿液性歯髄炎でした。

まだ間に合います。

歯髄の消炎鎮痛療法を実地。

で、

経過観察です。

症状が消えましたので、

今日は仮歯を装着します。

ソレから、

徐々に、

機能回復の助走に入るのです。

今の歯科治療。

材料のことばかりが話題で、

肝腎の歯の都合は・置いてけぼり。

そりゃ・歯は傷つきますよ。

前医は全く・

生物学を判ってませんね。

材料が最新のモノを使えば、

解決すると・考えていらっしゃる。

こういう類は、

現場から・即退場ですよ。

で、

ブログを書いている途中で、

患者さんがお越しになりました。

ひとまずブログの方は中断し、

【計算】し尽くした【支台歯形成】を。

歯を削るハンドピースは、

私の思いのまま。

気持ち良いですよ。

歯の治療は。

スッキリした処で、

インプラント治療の患者さんを待っている処です。

そんなお盆休みの前半です。