セラミック・クラウン修復を行う前に

セラミック・クラウンだろうが、

メタル・クラウンだろうが、

いったん・歯を被せると云う・治療計画が決定したならば、

先ずは【仮歯】を使って頂いて、

その挙動を詳細に観察します。

そのことで・セラミックが後から【欠ける】などの

不具合を防止できるからです。

設計自体の・見直しも再考できるのが、

【仮歯】を丁寧に扱うと云う・手当てです。

加えて、

歯周外科手術は必須だと・考えています。

見かけは・健康そうに観える歯茎ですが、

歯科治療を受けねばならない歯って、

何かしらの・問題を潜んでるんです。

ですから、

歯茎を剥離して、

歯の周囲の歯槽骨を、

直接・眼で確認することが肝要です。

ほぼ、問題があります。

根の表面を綺麗に滑沢にして、

歯槽骨の整形を行い・磨きやすい歯周環境を整備して、

クラウンの辺縁部と歯槽骨、歯肉との位置関係を整える、

ソレでこそ、

長持ちする【修復治療】が出来るんです。