標榜の真実味?

【噛み合わせ専門】の歯科医院で、

高い費用を支払って入れた・オールセラミック・オンレー擬き。

銀歯の隣の、飴玉のようなオールセラミック修復。

あえて、

オールセラミック修復治療とは書きません。

本当に・良いンですかね?

昨今・患者さんは、

とても・とても、

よく勉強されていらっしゃる。

このセラミック修復の歯は、

咬合性外傷のために瀕死の状態です。

この患者さんが転院して来られた際に、

私は歯列矯正治療の必要性を進言しました。

歯列矯正のあとで、

本格的な歯科治療を・行うべきだと。

私も【噛み合わせ治療】については、

一言も二言も言える者です。

でなきゃ、

総合診療科の臨床教授など務めラれません。

総合歯科治療的見地から、

この患者さんは、

歯科矯正治療が第1選択ナンです。

矯正治療は、

高松市の川上矯正歯科の川上栄子院長に御願いしました。

で、

川上院長からの依頼は、

写真の銀歯と、

噛み合わせ専門歯科医の手によるセラミック修復の

根管治療です。

咬合性外傷で、

あ~あ・歯が死んじまった!

噛み合わせ専門ですって!