クラウン修復の前準備

このように・歯が根っ子だけになっている症例は、

土台を根っ子に刺して、

クラウン修復するしか・ありません。

が、

そのままの状態で修復治療したならば、

間違いなく・歯根破折するでしょう。

咬む力は強大です。

土台に応力が集中し、歯根破折が生じる訳です。

クラウン修復は、

健全な十分な量の歯質をクラウンが【包み込む】ことが大切です。

そのために、

歯周外科処置が必要です。

これで随分と歯が見えましたね。

クラウン修復の際の前準備は・さまざま在りますが、

歯根破折防止対策と・炎症抑制のために、

歯周外科処置が大切な役割を果たすのです。