良い気分

昨日、

92歳の女性の・総入れ歯造りを・始めました。

日本歯科大学の補綴学第1講座の水橋史准教授の患者さんです。

水橋史准教授は・人使いが・上手です。

ついつい・おだてられて、

良い気分で・治療させられるンです。

見学者が多いのも、

良い格好シィの私を、

ますます・その気に・させるンです。

で、

一気呵成に、

歯型を採りました。

どうだぃ!

そんな表情だったと・思います。それで、

今日は・ここまで。

それで私は、医局に戻りました。

いつもは、

治療のあと、

私に意見を求める水橋史准教授が、

なかなか来ません。

気になって・診療室へと戻ったのです。

すると、

水橋史准教授が、

先生、先ほどの患者さんが仰っていましたと。

???

凄ぃって。

また・あの先生に診て欲しいと。

おぉ・そうかぃ・そうかぃ・

私の高笑いが診療室に響いていたことを、

単細胞の私は気がついていません。

今朝、

水橋史准教授から電話が入っていました。

先生、診療が・こんなに楽しいなんて。

清々しい気持ちで・この気持ちを伝えたくて。

私は泣きそうに・なりました。

水橋史准教授を・よく怒っていました。

でも、

よかった。

これから水橋史准教授は・多くの弟子を育てる責務が在ります。

そんな師匠が、

楽しいって・素晴らしい・ですよね。