絶対に・無理なこと

強度の活字中毒性である私は、

山手線の一駅程度の移動でも、

本が手放せません。

ですから、

各駅構内に在る書店を、

方向音痴にも・かかわらず、

シッカリと身体感覚で・記憶しています。

東京駅構内に書店で、

見つけた書籍。

大いなる・挫折感を・味わったのです。

なにかと・気苦労の絶えない日常。

仕事のストレスは・ありません。

すがる想いにて・手にしたのです。

で、

結論。

人には・向き・不向きが・在ると云うこと。

こんな・しちめんどいこと・私には絶対に無理だと・悟ったのです。

男女の脳みその構造の違いで、

片付けられては・堪りません。

最近の若い世代の未婚率が高いとのこと。

そりゃあ・そうだ。

この書籍の内容が真実であれば、

どの男も未婚で居た方がマシですよ。

ただ、

私だけが・貧乏くじ・引いたと・思って・いました。

それが、

世の男衆・大変なんだな・と。

私は我慢強い質ナンですが。

怒りで、身体中の筋肉が硬直することが・あります。

私の人格・存在を全否定する言葉の嵐。

人格的に最上級だと自負していますから、

堪えてルンですが。

造り上げるのが・歯科医師の本能ナンです。

でも、

この書籍の内容を観る限り、

私は無理だと・確信するに至ったのです。