エネルギーの塊

都内の弟子の処で勤務する30歳の歯科医師が、

月に1度の割合で、

私の大学出勤に合わせて勉強に来ることになりました。

保存学講座の新海教授の指導にて、

歯科保存学の認定医に挑むこと。

そして、

私の診療の見学と云うのが、

大学の聴講生になった主旨だそうな。

いや~・緊張感が伝わりました。

岩嶋技工士が、

先生・怖がらしたら・イケマセンぜ!

先生は・立ってるだけで・みんな恐いんですから。

で、

あの治療でしょっ。

魔法ですから。

ちょっと手加減してヤッテ下さい。

大学は教育機関です。

みんな本当に良い人です。

お~・そうかぃ・そうかぃ。

そんなこんなで1日を終えました。

で、

翌日に弟子から電話を頂きました。

ありがとうございました。

相当・疲れてる・みたいです。

ナンとか毎月・頑張って・通わせます。

ふむ?

疲れたって・視てるだけやないか?

何で疲れるんや。

私は・既に高松市で・バリバリ仕事してるがな。

先生は別ナンです。

エネルギーの塊ですから。

そうなんだ。

なんとなく・シックリ来ないんですが。