セラミッククラウン修復のための・支台形成

根管治療のあと、

ファイバーポストを使って、

支台形成した所見です。

透明部分がコンポジットレジン材料で、

ファイバーポストはテッペンまで突き抜けています。

黄色味のかかった不透明な部分は、象牙質です。

クラウン修復を行う際には、

象牙質は・この程度は絶対に保存しておきませんと、

歯根破折が・まず100パーセント生じるでしょう。

健全象牙質を多く露出させるために、

この歯に対しても、

【臨床歯冠延長手術】を行っています。

また、支台歯形成を・よ~く観て下さい。

真正面から視たら【将棋の駒】のようなかたちに形成しています。

で、

テッペンは・逆三角形。

このような・些細な配慮が、

クラウン修復を・長持ちさせるンです。