ゴールド修復

白い歯・セラミック修復・全盛期の昨今です。

しかし、

他人目には・見えない上の最後方の奥歯の・

修復治療においては、

私は【ゴールド修復】が・好きです。

見た目以外の、

適合性、噛み心地・耐久性では、

ゴールド修復を否定する・歯科技工士は・居ないでしょう。

作り手が・そうですから。

私の口腔内の奥歯の治療でも、

主治医の新海教授は、

迷わず・ゴールド修復を選択していましたから。

今、

高齢者の女性の・上の最後方の奥歯に、

セットしたばかりの・ゴールド修復です。

まだ、

硬化余剰セメントを除去していない、

セット・ほやほやの所見です。

次回・来院時には、

修復物と歯質との境目を、

ピッタリと、

擦り合わせ作業を行います。

高齢者は・唾液分泌機能が低下します。

そのために、

虫歯が・出来やすくなります。

ピッタリと適合するゴールド修復は、

2次う蝕抑制の観点からも・優れています。

また、

高齢者は運動機能が低下します。

修復物の調整の際に、

微妙なタッチが・し難いのです。

柔らかいゴールド修復です。

私の・至らない処を、

素材が補ってくれます。

見た目も・大切ですが、

私はゴールド修復が・好きです。

【メタルフリーの歯科治療】

私は全面的には・賛同できません。