今の虫歯治療・ダイレクトボンディング修復

下顎の第1大臼歯。

ヘタクソ・コンポジットレジン修復と・遠心部分が欠けてます。

近心部分には・嫌なヒビ。

隣のセラミック修復の歪な形態。

隣接面が凹ンでますね。

ラバーダム防湿環境下で・う蝕検知液を使って、

丁寧に・虫歯を取り除きます。

綺麗な歯質です。

感染象牙質は・ありません。

唾液と呼気から隔離した清潔な乾燥環境下で・

ダイレクトボンディング修復を行います。

エナメル質へのエッチング処理です。

十分なる水洗・乾燥行程をへて、

象牙質への処理です。

引き続いて・接着操作。

光線照射による接着を確実にします。

で、いよいよダイレクトボンディング修復・マテリアルの盛り上げです。

が、

その間前に、

まだ下準備。

このような重装備環境の中で、

私は・手先に集中できるンです。

ドンドン・形が出来てきましたよ。

私は・複雑な多くの器具は・使いません。

咬合面の解剖学形態は・針1本で・十分です。

最後の光線照射です。

で、

完成です。

小さな青い点は、

向き合う歯との【接触点】です。

次回は辺縁部分の仕上げと研磨です。

コレは【普通の虫歯治療】です。

本来は、

もっと・もっと沢山の【コツ】が・あるんですが。

ここは母校の方々だけへと。