オールセラミック修復のプレパレーション

大変高度な審美性を求める・患者さんが多いです。

そのような方の治療は、

ついつい【武者震い】しながら、

気合い十分で・臨みます。

セラミック・クラウンを製作する歯科技工士が、

唸るほどの正確さを担保した・歯形を採らねばなりません。

歯と歯肉の境目に・細~い糸を挿入します。

あらかたの概形成は終了していますが、

ここからが【勝負どころ】です。

オールセラミック・クラウンと周囲歯肉が・長期間安定維持するようにと。

コレが私のオールセラミック修復のプレパレーションです。

因みに隣在歯は全て・仮歯です。

多数歯の修復治療に際しては、

歯型は1本づつ採得しています。

ですから、

冒頭の写真のとおり、

沢山のトレーがあるのですよ。