医療

ほとんどの患者さんが、

先生が選んだ材料・好きな材料でお願いします。

私の診療所では、

別段、

私の流儀で、

治療材料を比較してご説明し、

患者さんから選んで頂く機会って、

ごくごく稀・ナンです。

そのような局面に際して、

患者さんに、

どのように判り易く伝えようかと、

思案は・一応・してるんです。

が、

その局面になると、

大概は、

先生のお好きなように。

こんな話しを、

知人の歯科医師にしたら、

考えられない!と。

ナンでも、

巷の歯科医院では、

患者さんに上手く伝えられるように、

専用のソフトウェアや、

機械が・あるのだ・そうな。

ソレを、

馬鹿高いリース料を払って、

時間をかけて、

患者さんに説明したところで、

健康保険診療で。

ガッカリされるんだ・そうな。

これを聞いていて、

私には・理解できるんです。

彼らは、商人になって・るんです。

材料を売って・るんです。

医療って、

患者さんのために・あるんです。