均一化された正確さの根拠

私は電車や自動車が・好きです。

高松市ー岡山市を結ぶ・マリンライナーに乗車する際には、

1号車の1番席と・決めています。

運転手さんの・所作が見えるからです。

阪急電車に乗車する際にも、

運転席に・へばりつくのが・常です。

新幹線は、残念ながら、

ソレは・できませんが、

私は新幹線がホームに入って来る光景が、

好きで・堪りません。

新潟市での仕事は、身体にはキツいですが、

上越新幹線を観て、

乗って、

だから、

続いているのかも・しれません。

日本の鉄道の正確さ。

時刻、停車位置、衛生度、などなど、

世界1と言って良いでしょう。

組織は人によって動くもので、

組織が人を動かすものではない。

土光敏夫氏の言葉です。

JRを含む鉄道各社の正確さには、

陰で・どのような【工夫】をされていることかと、

興味津々・なのです。

同じく土光敏夫さんの言葉。

錆びつくより、

擦り切れるほうが・マシだ。

私は昭和の人間であることを、

最近・しみじみと実感するのです。