歯科治療は愛の仕事

20年ほど前の出来事です。

ある患者さんの噛み合わせの治療を

必死で行いました。

ある時、

歯科治療をしたお陰で肩が動かなくなったと言われました。

ショックを受けた私は、

それこそ【ありとあらゆる】流派の治療を試みました。

が、

結果は改善の余地はありませんでした。

物凄い挫折感に苦しみました。

自信もなにもかも木っ端微塵になりました。

真面目に歯科医学に取り組んでいた自負は在りましたが、

修羅場をくぐり抜けて来たベテラン医師ではありません。

それを自覚しているが故に、

もっと、もっと勉強しなければと思いました。

しかし、

その患者さんの苦しみが、

私の為した治療が原因であれば、

大変、申し訳ないことをしたと、

誠意を尽くして治療することと、

結果のあまりにも大きな差に、

もがくほどに自分を責めました。

ある時、

医師損害賠償保険の会社の方から連絡を頂きました。

その患者さんの件です。

てっきり私は、

私の為した治療の事だと思って受話器を取りました。

先生、○○さんって方が治療に来られていますか?

で、

○○さんは目が見えていますか?

?????

何のコッチャ?

と、戸惑う私。

お聞きすれば、

その方は某眼科へと受診され、

そこで、

お前の治療で目が見えなくなったと、

眼科の診察の忙しい時間帯に現れ、

待合室にて大騒ぎするのだそうです。

その方は確かに目は見えています。

何故なら、

私の診療所の待合室にて、

持参のゴルフ雑誌を毎回、読んでいますもの。

で、

今度は逆に私がお伺いをたてました。

実はかくかくしかじか、こういうことが。

保険会社の方が仰け反って仰られたのです。

○○さんは、毎日ゴルフに行っています。

練習場ではないですよ。

ラウンドしてますよ。

そうですか、よく判りました、と。

私ですか?

呆気にとられました。

身体中の力が抜けました。

と、同時に、

何だったんだと。

それこそ叡智の限りを尽くして対応していましたから。

その時は、

仕事が一時、嫌になりました。

○○さんですか?

その時から姿は顕さなくなりました。

何故、その話題を持ち出したのか?

この前、

○○さんはが偽名を使って、

予約をとり診察に来られました。

予約を頂いた方を診療室へとご案内しようと、

待合室のドアを開けて、

私は固まってしまったのです。

○○さんはニヤニヤして、

こう仰られました。

ヤッパリ歯医者は先生じゃあないと。

―――――――――

咄嗟に言葉が見つかりません。

私は当時の事がキッカケとなり、

寝ても覚めても歯と云う生活を送っています。

勉強不足はプロの怠慢だと。

一生懸命、勉強もし、

一生懸命、丁寧に治療しています。

人を好きにならないとできない仕事が医療です。

でも、

当時は人が恐くなりました。

内村鑑三の【歯科治療は愛の仕事である】

と云う言葉を診察台の脇に掲げたのも、

この当時からです。

医療人とは?

を、常に自問自答して過ごして来ました。

宗教の書物も読むようになりました。

広い心を持ちたいからです。

が、

反して私の口から出た台詞は、

お引き取りください、でした。

ある時、

似たような機会も在りました。

私の何かがお気に召しませんでしたのでしょう?

ある時から突然にお越しにならなくなった患者さんが、

10年も経って、

お電話をかけて下さいました。

で、

ヤッパリ歯医者は先生じゃあないと。

同じ台詞であるのが不思議です。

その時の私は、

さぞお電話しにくかったでしょう?

思いだして下さりありがとうございます。

で、どうなさったの?

では、拝見しましょう?

後からお話しを頂くと、

私が仮の入れ歯をお造りしたのですが、

さっさと本歯を完成させないのが、

お気に召しません原因のようでした。

次の歯科医院にてさっさと造った入れ歯は使い物にならず、

ずっと私の造った仮の入れ歯をお使いだった様子。

治るのを待って、

次の手順に進む。

これが治療の原則ですから。

今でも、

この患者さんは、

申し訳ない、申し訳ないと、

此方はもう良いのに。

でも今回は、

私は飲み込めませんでした。

そういう私は自分が嫌いになります。

でも、

今は出来ません。

消化できる時が来るのでしょうか?

 

信念

今日から診察を再開しています。

診療所のドアを開けると、

心が引き締まる想いです。

【生涯に渡って快適な食生活を営めるように】

これが私の仕事です。

それは信念になっています。

揺るぎありません。

信念を完全に身体の細胞の一部にした人間は強いですよ。

余裕

雑踏のなかの茶店の軒下に腰掛けて、

渋茶を啜りつつ、

つい此の間の出来事を思いだしていました。

新潟滞在の序でに、

請われて、

若い歯科医師の診療所へと。

真面目な先生であることが一目瞭然であるのが

可笑しかったのです。

多くの問を頂き、

私なりのアドバイスを与えた積もりでしたが、

胸のつかえが取れない心持ちに。

何故か、

全く関係ない今、

その訳が判ったのです。

それは【余裕】です。

役者でも、

年がら年中、一日中、

舞台やスタジオに籠っていても

芸の肥やしにはなりません。

芸の肥やしどころか、

気が狂ってしまうでしょう。

役者にとってカメラがまわる間が演技処です。

それ以外の時間の使い方で、

その役者の延び代ってモノが変わってくるのだと思います。

若い先生の診療所を観て、

同じ苦心を味わった者として、

気がつく、

察知できる処が沢山在りました。

【夢】を抱きつつ仕事をすることが大切です。

【夢】を描くには【目標】を具体的に持つことです。

その実現のために、

【工夫】を加えてこそ、

自分流が出来てくるのだと思います。

冷静でなければなりません。

そのためには【余裕】を忘れてはなりません。

 

匂い

比叡山の滋賀越え道を抜けて、

向こう側の京都に寄り道しようと。

不思議なもので、

この山の向こうと東で、

食べ物の味から、

人の匂いまで、

何から何まで違うような気がします。

山の小径を下りながら旧い街並みが視界に入った瞬間、

ホッとするのは、

私が東人には決してなれない訳が、

此処に在るのかもしれません。

で、

瀬戸内の碧さと潮の匂いに、

ホッと落ち着くのは、

もう私は讃岐の人間なのだと思います。

LAZY DAZE

明日から診療ですから、

今日のうちには高松市へと帰っていなければと。

が、

以前のように、

目的地から目的地へと云う猪突猛進しなくなりました。

途中に寄り道したり、

フラリ、ブラリと云う具合です。

こういうのを【LAZY DAZE】と云うのだそうです。

恩師である山口先生に教えて頂きました。

私の生涯は歯一色であることは間違いありません。

その隙間に、

チョッとした余裕も

はさんでいたいと思います。

空の青さや風の音に感じる心を

いつまでも持っていたいからです。

ネクタイ

息子が小学6年の頃、

父の日に贈られたネクタイを、

今の今まで、

院長室の観音さまの横に

大切に置いていました。

昨日の講義の際に、

初めて使わせて貰いました。

治療においてもそうですが、

何事をするにも、

これが【し始め】であり【し終わり】になるかもしれない。

全力で取り組むと云う

本当は当たり前のことなのでしょうが、

遅ればせながら、

50歳近くになってから、

気づいたのです。

息子からのネクタイ。

想う処あり、

私は手にしたのでした。

まだまだ子供

柄に似合いませんが、

マザー・テレサの著作を読んでいました。

マザー・テレサは、炊き出しするシスターたちに

必ず3つの事を実行するように諭しておられたそうです。

パンとスープボウルを渡す時には、

相手の目をみて、

微笑むこと。

手に触れて、

温もりを伝えること。

短い言葉がけをすること。

それは、

ロボットにはできない、

人間の、

他の人間に対する愛と祈りの表現だと、

ありました。

近年は画一化が重用され、

品質管理と同様に、

何から何まで一様であることを

求められる、

と云うよりも、

目立たないこと、

無難なこと、

を善しとする空気を感じています。

人とロボットとの違いが何なのか?

それに気づいたのも、

私の場合は【歯科治療と云う仕事】からでした。

報われないと云う不謹慎な気持ちになる時もあります。

でも、

私が自ら強く切望し選んだ仕事ですのに。

上手くいってる時にこそ、

大きな落とし穴が在ることを

いくら私が阿呆でも、

それは人生から経験済みです。

ですから、

自己反省のセンサーとして、

歴史、評論、私小説を好んで選んでしまうのです。

で、

ちょっとでもジャンプ!

50過ぎても、

まだまだ子供ですから。

恒例行事

2時間ほどでしたが、

ホッとしています。

今年も無事に第1学生への特別講義を

終えることが出来ました。

入学して間もない学生諸君です。

そういう意味では高校生と変わりありません。

つかみを得るまで空気を読んでいました。

が、

締めに、

大きな拍手とありがとうございましたとの

言葉を頂き、

ホッとしました。

また、

学部長自らの司会には誠に光栄でありました。

今日だけは、

ゆっくり休めそうです。

 

朝から始動

新潟市は快晴。

朝の7時から新潟駅構内の喫茶店にて、

お一方面談の予定、

次いで9時から大学にて学部長との面談、

てな訳で、

早々に身支度を済ませ、

いつものように散歩へと外へと出たのです。

やはり此処は北国。

外気は冷たい!

新潟での滞在の間、

毎日参拝する白龍大権現さまのお社へと。

街はまだ眠っているようです。

人情横丁の活気はまだのようです。

0

お参りを済ませて、

これまた何時ものように信濃川堤を萬代橋へと。

綺麗な桜です。

今朝は橋を歩いて渡って駅へと向かおうと。

いつ観ても大きな橋だな。

日本海からの風を全身で浴びて心地好い。

途中、アチコチを振り向きながら橋を堪能しています。

本当に萬代橋は美しくと思います。

気がつけば、

もう目の前に新潟駅が。

よく歩いたものです。

第1学年生への特別講義は2時45分からです。

今日もハリキッテ頑張りましょう。

休息

新潟市の家を引き払って少々淋しい気持ちでいましたが、

ホテル滞在も、まぁ良いかと、

ドアマンの「先生、お帰りなさい」と云う一言で、

単純な私は、そう思い直したのです。

窓の外は桜満開。

明日の講義の最終チェックなど頭から消え去り、

つい外へと出掛けてしまったのです。

古町から三越前を過ぎて、

白山神社へ登る辺りの小路へと。

ガレットを商いする贔屓の店へと

足が向いていました。

パリの裏通りの店を意識して作ったであろうこの店は

私好みの美人が商いしていることもあり、

ついつい来てしまうのです。

無論、ガレットの味も良く、

ガレット.コンプラッテをハイボール片手に、

で、

美人の姉妹?との話しに花が咲くと云う塩梅。

歯の仕事から一時解放される新潟での束の間を

大いに堪能し、

ホテルに急ぎ舞い戻り、

後悔しながら明日の準備の仕上げをしつつ、

そんな新潟での第1日が始まりました。