日常的に眼にする光景

毎年の恒例行事ナンですが、

年末年始のこの時期には、

大きな外科手術のラッシュになります。

この時期くらいしか、

長期に大っぴらに、

取引先に迷惑をかけずに、

治療に専念できないのが、

仕事の第1線に生きる人の辛さナンです。

最近初診でお越しになられた患者さん。

この症例は悲惨です。

インプラントも、

使い方を誤れば、

口腔の破壊装置です。

前歯のブリッジなんかは

最も悲惨です。

インプラントと歯を連結してました。

無論、

歯の手当ても、

推して知るべし。

私は、

どのような症例に対しても、

私のルーチンな診査項目での資料の採集を行います。

噛み合わせの診査も、

歯周病の診査、

レントゲン検査も、

私のスタイルは変えません。

で、

いよいよ前歯のブリッジを撤去しました。

歯科医師人生32年の私ですが、

コレは初めて目にする治療方法です。

コレはナンだ!

インプラントのフィクスチャー部分に、

ナンとナンと!

アバットメントがありません。

私も多くの酷い治療を目にしてきましたが、

ここまで来たか!

この部品は、

インプラント治療で使用するモノではありません。

差し歯の土台部分、

今ではファイバーポストと取って代わられた、

昔むかしの、

既製品のピンです。

この歯科医師、

インプラントにこのピンを立てて、

隙間にコンポジットレジンを流していました。

これを違和感なく視る歯科医師が多いなら、

もう日本の歯科医学は終わりでしょう。

社会から侮蔑の眼を向けられる日も遠くないでしょう。

この症例。

私の手で、

キチンと治して差し上げます。

 

 

 

マリリンと一緒

新潟の越後平野まで、

雪の中をかけはしったり、

微生物採集の研究のために、

山深い泉や沼地まで入り込んだり、

仕事以外の時間の大半は、

ゴルフなんぞに興じるほど暇人ではありません。

私の歯科医学の実践のための

仕込みに、

私は楽しみを求めています。

もう完全に吹っ切れました。

開き直ったと言うのが

正しい表現かもしれません。

誰から何を思われようとも、

私は歯科医学一筋に生きてゆく積もりです。

あぁ、傍にはマリリンが元気で居てくれてますよ。

成犬になっても、

相変わらずの甘えん坊です。

私が車を出すと、

サッと、

後部挫折に駆け上がり、

後ろから、

フロントガラスの方を向いて、

大人しく正座しています。

泊まりがけで、

微生物採集の山登りの際は、

1クラス大きいフォードで。

流石にアストンマーチンにマリリンは

乗せられませんよね。

技術の退化

最近の建築を観ても

ハッキリと判ります。

予め工場にてプレカットした

もうこうなれば部材デスよね。

ソレを現場で組み立てる。

釘なんて、

金槌で1本1本、

大工さんが丁寧に打つなんて、

ついぞや、

見かけません。

ダッダッダッダッってなもんで、

ピストルガンみたいな工具で、

釘を打ち付けた跡なんて、

診たら、

泣きたくなりますよ。

昔の大工さんの釘仕事なんて、

どの方向から視ても、

綺麗なモンでした。

歯科の仕事も同じじゃないでしょうか?

CAD/CAMが登場したあたりから、

技術が技術じゃなくなりました。

歯科医師、歯科技工士って云えば、

技術者の代表格だったと、

私なんぞは誇りを持っていました。

が、

今はイケマセン!

私のような手仕事するのは

ごくごく少数派の変わり者扱いですよ。

ただね、

テクノロジーデスか?

歯科に関して言えば、

まだまだ玩具ていどのモンですよ。

この玩具に頼っている輩から

変人扱い?

結構ですよ。

私は職人ですから。

パチモンなんか使いませんから。

クリスマス.イブの夜

休息は、

仕事場のある高松市では、

なかなかユックリとした気持ちにはなりません。

芦屋に住まいを構えたのは、

天に召されたときには、

当地のカトリック墓地で

瀬戸の陽射しと、

海からの風を仰いでと、

そう思い立ったからです。

日本の法律では、

住民登録していない土地の

墓地には入れないそうな。

住まいを準備したので、

来年には、

住民登録しようと考えています。

神戸から高松市なんて、

車で1時間半ていどですから。

アストンマーチンでも買いましょうか。

そんなこんなで、

昨日のクリスマス.イブの夜は、

芦屋近くの夙川教会のミサを受けに。

 

 

備えこそ

昨日、

先の東北大震災の際に、

現地に入って半年ほどの間、

救援活動をした方の話しを聞く機会がありました。

何気ない会話から、

そのような話題になったのです。

その方は、

しばらくは心を病んで、

病院に通院し、

心の病の薬を手放せない日々が続いたと。

あぁ、この方もか!

無責任な対応対策の報道が流される度に、

憤りを通り超して、

呆れ果て、

私はこの国の政治を見放しました。

現在進行形の当時の東北の大地に立った人以外に

本当の姿を理解できないのは判ってはいるのですが。

今でも、

ACの広告のバックミュージックがテレビから流れる度に、

身体が震えてなりません。

当時の津波の警報音をテレビから聞こえる度に、

身体が固まって動きません。

一瞬にして、

私は時空を超えて、

当時のあの場所に。

大声で叫び声を挙げ、

両の掌で頭を抱えて、

座りこんだあの日。

その方が言われました。

次はこの地方にも、

間違いなくやって来るでしょう。

私も、

そう思います。

私自身は、

備えを怠ってはいません。

が、

周囲の皆は理解できないようです。

通学途中の児童や親御さんが心配です。

瀬戸大橋は大丈夫だろうか?

鳴門海峡は?

年の瀬に、

どうぞ皆さん、

この国の地理的条件を思い出して頂き、

備えて備えを重ねてこそ、

家族安泰の第1歩であることを

ご認識いただきたいのです。

 

 

 

最後の禁煙

全くの下戸であった私が、

酒を飲むようになったのは42の歳です。

今では赤ワインのボトルを2日で空けるていどですから、

強い訳ではありません。

思う処あり、

最近では、

普段は酒を飲まないようにと。

煙草の方は、

成人してから嗜むようになりました。

何度も何度も禁煙に挑戦したのですが、

途中で挫折!

いろんな言い訳していました。

酒、女、博打、ゴルフ、パチンコ、

全く縁の無い私だから、

ストレス解消の手立てとして、

煙草くらい良いじゃない?

まだまだ若かったンデスネ。

健康のためってノもありますが、

煙草ていども止められない意志の弱いヤツと、

アカの他人から思われたくない!

私の負けん気魂に、

今回は火が点いたのです。

吸いかけの煙草の箱をゴミ箱に、

灰皿もゴミ箱へと、

起床し、

ヨシっと気合いを入れて

我慢比べと参りましょうか?

マメ

ブログの更新が凄いデスよねって、

言われます。

あたりまえジャないデスか?

こんな私デスが、

大勢のファンも多いんですよ。

マメじゃないと、

仕事できませんから。

仕事のできないヤツと、

思われる事が、

私への最大の侮辱デス。

そんなこと、

絶対に思われたくありませんから。

自分のできる事は、

ナンでも、

やるベシ。

コレが私の方針ナンで。

ソレと、

意味が無くても、

継続すべし。

コレも、

私の流儀ナンです。

 

 

健康の自覚

毎年かならず、

風邪ひいていました。

私の風邪は重症でして。

床に伏せること1週間!

体調回復に1月ていど。

その間は、

私もシンドイですが、

スタッフも大変ナンです。

私が仕事なりませんから。

患者さんにお願いして

アポイントメントを変更して頂く。

体調ベストで治療しなければなりませんから。

この4月から、

大学での重責が。

ですから、

体調管理に、

滅茶苦茶、

気を配るようになりました。

学生諸君に迷惑をかけられませんから。

私の補佐をして下さる先生方に迷惑かけられませんから。

人混みに入る際にはマスク着用。

猛烈な暑さの夏には、

ノボセないように帽子着用。

冷房にも注意。

冬の今では、

冷えないように。

乾燥しないように。

インフルエンザの予防接種したら、

逆に風邪をひくと言う経験上、

注射受けたくないので。

今までよりも、

尚更、

早めに床に就いて、

寝ることに。

夜御飯では、

米は控えて、

糖分摂りすぎないように。

青汁飲んだり、

野菜ジュース飲んだり。

健康ってモノを、

やっとのことで、

自覚した今年でした。

年季

今だから、

正直に告白出来るんです。

私の歯科医師人生最初の歯科治療。

大学の保存科の受付にて、

治療が終わって次回のアポイントメントを採る際に

プーと、

放屁してしまったのです。

緊張が、

一気に、

弛緩したんだと思います。

そんなモンですよ。

今では、

ナンでも判ったような顔してますがね。

年季が要るってのが、

私ら職人の仕事ナンですよ。

暮れになって改めて想うこと

通勤時の車中のラジオから、

平成最後の芥川賞と直木賞の候補がしぼられたとの事。

あぁ、もうそういう季節なのかと。

何時でしたか?

某作家から聞いた話し。

原稿用紙の上を勝手にペンが走るってのは、

独特の表現ですが、

ソレは、

一種のやせ我慢ですよ。

いわゆる美徳ですかね。

一つの作品を完成させるってのは、

命を振り搾る、

魂を燃え尽くすってモンですよ。

実際の処は。

よく考えると、

そりゃそうだ。

私が自費治療専門の歯科医師という事で、

他の歯科医師からしばしば言われる台詞。

三枝先生は稼いでて良いよね。

私は聞かない振りしてますが、

内心では、

ソレなら、

テメェもやってみろ。

アスペルガーと陰口叩かれるほどに、

規則正しい生活を過ごし、

この歳になって、

毎日、

机向かって。

私と親しい歯科医師は、

とてもじゃないです、

先生のような厳しさは、

とても、とてもと。

私自身も、

そう思います。

高校時分に、

これだけ勉強していたら、

歯科医師になる事はなかったろうと。

学生諸君に、

私がしばしば言う台詞。

高校時代の落伍者だと、

私は認識していましたと。

だってそうでしょう?

偏差値が75あれば、

東大の医学部か法学部に、

誰だって、

迷わず行くでしょ?

その結果を出せないから、

その時々の、

成績での、

進路志望した訳で。

そう考えれば、

落伍者ですよ。

歯科大学に入ったカラには、

もう絶対に後悔する結果を出してはならないと。

反省と自責を認識出来ないと、

自分自身に偽った人生など送りたくありませんから。

そう考えて、

自分を歯科医学の方へ、

無理やり合わせて来たのが、

私の青春時代で。

コレは私にとっての助走時期でした。

猛烈なエネルギーが

飛び立つ際には必要ですよ。

若かったからできたんだろうと。

私らは飛行機じゃないですから、

着陸は出来ないんです。

ズッと、

同じ高度を飛んでなきゃなりません。

コレはコレで、

エネルギーが要るんですよ。

そういう時代を経て、

私なりの、

傍目から、

圧倒されると言われる迫力がと。

でも、

この気が見えない方も居られます。

ソレはソレで、

私とは縁の無い方だと。

人の人生って、

後天的なモノが、

最終的には、

決めるのだと言うのが、

私の考えです。