医療職を 通じて 学んだこと

母を

東北から 引き取って

2回目の

母の誕生日。

昭和9年6月3日で 88歳を 迎える 母。

昨年は、

誕生日を 祝うところでは ありませんでした。

母の 身分を 証明するモノが 何もない。

健康保険証、介護保険証、年金手帳、通帳に印鑑。

何から何まで、

自己責任とは云へ、

娘夫婦に 取り上げられての

粗末な 施設での 屈辱にまみれた暮らしから

さまざまな 手続きに 翻弄されて、

やっと 一息と 思いきや、

娘夫婦から依頼された 弁護士から

これまた、

さまざまなる 因縁を つけられて。

このような問題に、

私は 常々 専門職を尊敬しておりましたので、

わざわざ 弁護士の先生の 手を煩わせる 問題ではないと、

自分自身で、

相手側の 弁護士と 電話 書面での 丁々発止の 最中だったのです。

私の知る 弁護士の先生は、

正義の味方ですから、

依頼人を 選んで おられる事を 常々 知っておりましたので、

この弁護士の方に対しては、

内心にて、

なんでも 受ける アホウな奴と、

法律においては 素人ながら、

日露戦争の折の

バルチック艦隊を相手に

奮闘した 帝国海軍の艦隊の 大砲の如く

戦いまくった のです。

で、

今日、

6月3日は 仕事にて 時間を割くことが できないために、

前倒しにて、

母の誕生日の お祝いを させて頂いたのです。

梅酒を 手にする 母の姿に

イケマセンね。

涙もろく なりました。

料理を 前にする 母に、

もう イケマセン。

席を 外して

外に 煙草を 吸いに 出たのです。

優しい気持ち、

戦う際の 鬼のように 容赦ない 攻め。

正岡子規の 俳句では ありませんが、

相反する 両者 併せ持つ 性格と 思考回路は、

患者さんに対しては 慈しみの気持ちにて、

しかしながら、

病に対する 手当てに関しては 手段を選ばず 戦いを挑む

医者の 度胸から

知らず知らずのうちに

身に付いたモノかも しれません。

 

 

総合歯科診療の 原点

 

私の 日課です。

診療室の前の 小ホールに設けた 祭壇にて、

診療開始前 と 仕事終わりに

祈りを 捧げるのです。

私の カトリック名は ヨゼフです。

聖母マリアさまの 夫であり、

生業を 大工として、

神さま から お預かりした 神の子 イエス キリストの

この世での 父として 生涯を 終えた 人物です。

私の この カトリック名は、

師匠である 内藤正裕先生が 命名して くださったモノです。

四半世紀以上 私は 何かと この師に 相談しながら

暮らして きたように 思います。

洗礼を受ける際も そうでした。

師の 言葉は、

バカヤロウ!

やっと その境地に 辿り着いたのか!

なぁ~にぃ~?

カトリック名だとぅ~?

バカヤロウ!

俺らは 歯の大工!

だから ヨゼフに 決まってるだろ!

こういう会話って、

今の人たちからすれば 違和感が あるのかも しれません。

それならば、

そうしか 感じられない方々は 不幸な 人たち なんですよ。

師の 愛情と 情熱が、

このような 表現に なるんですから。

洗礼の後、

分厚い 聖書と、

著名な画家であった 師のご祖母堂さまの 描かれた

聖ヨゼフ像を 突然 私の診療所へと 贈ってくださいました。

その 聖ヨゼフ像を前に

私は 祈りを 捧げるのです。

科学は 万能では ありません。

未だ 私は 修行の道半ば。

それでも、

患者さんへの 手当てを 行うことは

恐くて 恐くて 堪らないのです。

無知なる 医師ほど 愚かなモノは ありません。

ですが、

知れば 識るほどに、

眼には 決して 見えない 存在を 感じるのです。

今、

歯科医療の 進む方向性に対して、

私は 大いなる 疑問を 感じています。

人の持つ 能力は 無限です。

鍛えれば 鍛えるほどに、

五感 以上の 感性と 技が 生まれます。

それを、

放棄している ようにしか 思えないのです。

CT 画像を そのまま 信じる 浅はかさ。

3Dカメラから ミリングマシーンで 削りだされた 技工物。

なんでも かんでも セラミック。

アホウの 一つ覚えのような ニッケルチタンファイルを使った 根管治療。

咬合器も 使わない 修復治療。

人は AI  などには 決して

負けません。

自分自身の 技を 磨くことの 継続から 生まれたのは

祈り だった のです。

人の 手当てを 行うことは

人を 視なければ なりません。

そして、

なによりも、

患者さんの 幸福を 祈りながら

総合的見地からの 治療の実践こそが

医療人たる者の 務めなのです。

こんな ちっぽけな 私の手です。

それでも 私は この手に 命をかけて います。

てな 偉そうな こと 言ってますが、

こんな風に 患者さんの お話しに 耳を傾けての 毎日です。

 

 

激務の 中で

診療所の 体制創りに 終われた 3年間でした。

おそらく、

私が 引退するまで、

この ノウハウを 模倣できる 歯科医院は ないでしょう。

ただ、

これで 終わった訳では ありません。

まだまだ

三枝デンタルオフィスは 進化し続けます。

診療所ビルの 1階部分の 手当てにも 着手し始めました。

ここは 研究に専念するための 【場】に 使う積もりです。

研究しない 臨床医には なりたくありません。

博士論文を通過し得た 過去の業績だけの

名前だけの 【歯学博士】など ゴミのような モノですよ。

博士は 生涯 研究の場から 離れては ならないと、

そう、

私は 考えています。

【三枝歯科医学研究所】

その設立に 着手し 始めたのです。

そのような多忙な ありがたい日々を 過ごす中で、

老いた母の 好物を 見つけて、

食べさせる姿を 眺めることは

とても 心が 癒されるのです。

 

山形県の【佐藤錦】が 出る 季節に なったのですね。

季節は 人の暮らしとは 関係なく

確実に 巡ってくるもの なのですね。

母は 良い品しか 受け付けません。

わがままな 人です。

それでも 良いと 思っています。

【本物志向】は この母の遺伝子を 引き継いだモノですから。

 

 

 

日々 精進

完全自費治療の 歯科医院です。

それも、

四国の地方都市で。

同業者の歯科医師は みんな、

どうやって 患者さんを 集めてるんだろう?

と、

不思議がっている そうな。

どうやって 集めてるんだろう ではなく、

どのような【手当て】をと 考えるのが 普通だと 思うんですが。

でも、

だからこそ、

この頃の 歯科医院は 患者さんから 見放されているのだと 思います。

インプラントを利用した 総入れ歯の 維持装置です。

20年経過 症例です。

患者さん自身も 既に 超高齢者。

超高齢者が 超高齢者を介護する時代です。

私の顔を 観るのは 1年ぶり。

一気に、

ご亭主への ご不満を 吐き出して おられました。

笑って 聞いていながらに、

それでも、

おひとりに なると 淋しいですよ。

などと 返しながら、

自分の以前 為した 手当ての 再評価を

黙々と 続ける。

これこそ 歯科医師冥利に尽きると。

患者さんが お帰りになられる際に おっしゃいました。

歯科治療 してて 良かった。

ひらめき

来月の3日で、

88歳の誕生日を迎える母の近況は、

日に日に、

弱ってゆくのが

手に取るように 判ります。

あなたの好きな新潟へ行きたい、

浅草の観音様にも 今までのお礼をしたい、

そんな台詞を聞く度に、

よし!判ってる!

連れてゆくから 元気になれよ!

そのような 繰り返しの日々を 送っていました。

あなたは 今 何か 考えてるんやね?

よ~く 観てるんですね。

寝ても覚めても 歯科医学。

手当ての方法を 考えることが 私の習慣になりました。

いくら努力していても、

【ひらめき】が なければ、

モノ創りは できません。

この【ひらめき】の瞬間のために、

始終 考えることが 大切であることを

歯科の道に 足を踏み入れてから、

経験的に 学んだのです。

なぜ そこまで?

と、

後進たちから 聞かれます。

だって、

患者さんの【笑顔】が 在るからじゃないですか!

情熱と挑戦。

これが 私の人生。

私の アンチエイジング の 近況

額に 刻まれた 深いシワは 消えました。

次は、

涙袋の 消去!

オンラインでの 講義 講演が 増えました。

これが、

決定的に 自分の加齢を 自覚させたのです。

来週です。

どうぞ ご期待 ください。

ねっ?

スッキリさせた方が 良いと 思いませんか?

ホンマに アホかいな!

ビックリされるん ですが、

診療の際に、

私は 防護用の【手袋】を履きません。

初診の段階で、

三枝デンタルオフィスは 採血を 必ず 行います。

その項目の中に、

感染症を 確認済み だからです。

手袋1枚の 【タッチの差】は 大きいのです。

私は 【指先】の職人です。

技術を 武器に してますんで。

恐くないんですか?

と、

同業者や 学生さんたちから 度々 聞かれますが、

採血しないで 全身状態も 把握しないで

患者さんの 治療にあたる方が

よっぽど 怖いですね!

マスクも しません。

全身疾病の ごく初期症状は、

先ず 口臭で 感知できるからです。

歯の治療だけすれば 良いというモノでは ありません。

患者が健康であるために

野生動物のような【警戒心】でもって、

患者さんの 全てを 察知する。

ここに、

歯科医師の 【真の値打ち】が あると考えています。

で、

チョッと ポーズを。

ホンマに アホかいな!

でも、

こうでなきゃ 人の大切な身体には 触れられませんよ!

 

鬼の目にも涙 【母の日】編

少し前、

体調を崩し、

あわや!

という 来月に88歳を迎える 母でしたが、

なんとか 持ちこたへ、

生まれ故郷の【讃岐】で 2回目の誕生日を

迎えることが できそうです。

随分と 物忘れが 進んでいます。

今朝は、

週に2回の 好物のアイスクリームを食べる日で、

ハーゲンダッツの チョコレートアイスと 熱つ~い珈琲を。

買い物ついでに、

母の日のカーネーションを 買い求め、

持ち帰ったのです。

 

どうしたの? これっ?

 

私の幼い頃の 拙い記憶では、

母は 花を こよなく好んで いたと。

庭には、

薔薇が 一面に、

広い 温室を設けて 蘭の栽培が 趣味だったと。

ですから、

今でも 花を花瓶に 絶やさぬように。

穏やかな 日々を 花で 癒して欲しいと。

 

でも、

どうやら 母には 今朝の 花は 様子が違うことが 判ったようでした。

 

今日は 母の日やないか。

 

へぇ~  母の日っ?

忘れとった!

私にっ?

で、

じ~っと カーネーションを眺め、

顔が くしゃくしゃに崩れ 泣き出して、

ありがとう と。

 

キツイですよ!

これは。

私も 歳を経って 涙腺が 弛んでるんです。

 

チョッと 外で 煙草 吸って来るわ!

と、

背中を向けて 外へと。

目頭を 拭く 私なのでした。

強面で チョッとは 知られた私ですが、

母の 嬉し涙は キツかった!

商家独特の 一族との相克の中で、

この母とは 曾て 一戦を交えて、

絶縁状態に ありました。

が、

2年前に、

信じた娘夫婦に 着ぐるみ全て もぎ取られ、

環境の全く違う 東北の 片田舎にある

最低ランクの 老人施設に 幽閉状態に なったのです。

全国の百貨店の社長など

掌の上にのせる程の 女将であった母の絶望は

決定的に 母の脳の細胞に 打撃的な衝撃を 与えたのです。

 

カトリックを信じる人生を

私も 歩んで来ました。

履歴書では 悠々なる人生に 勘違いされる のですが、

悲しみ 哀しみ 悔しさ 苦しさ 怒り、

これらを 乗り越えて 来れたのも、

歯科医学の道を歩くことが、

支えて くれたことには 間違い ありません。

 

私の姉夫婦の人格は 既に承知の上ですが、

その3人の娘たち、

私と最初の家人との間に授かった 3人の子たち。

自分の子です。

離れていても 忘れたことは ありません。

この孫たちは 随分と 母から可愛がられ、

大きな援助も 得ていたのは 事実です。

その祖母の 窮状を見て、

親に、

叔母に、

一言 モノ申す 物差しが なかったことに

私は 祈りを 捧げるのです。

 

私自身は 闘った当事者です。

が、

私の所在を 探しに 探し、

電話口の 向こう側で 懇願する母を

受け入れる 覚悟するに

恥ずかしいですね。

半年 かかりました。

 

赦そう と。

今ですか?

良かったと 思っています。

後ろめたさ が シュンッと 消えましたもの。

人は 自覚していなくても、

多くの 罪を おかすモノです。

人は 弱い モノです。

それで 良いとも 思っています。

が、

悔いが 沢山ある 人生ですが、

選択肢がある際には、

苦しい道を 選ぶが良いと、

私は そう するように なりました。

これからの人生の中で、

好まざる闘いを 仕掛けられる機会も あるでしょう。

その際は、

全力で 命がけで 闘い、

それを

芸の肥やしに するのが 私の選んだ人生だと。

 

 

 

【考える】歯科治療 相変わらず

最近、

私の 診療を受けたい旨の お電話 メールが 多いのです。

その際には、

メールであれば 夜に、

お電話であれば 診察中の際が多いので、

チョッと お待ち頂き、

ご連絡先の番号を教えて頂き、

後程、

私自身が 直接 電話で応対させて 頂いています。

患者さんを お引き受けする対応は スタッフ任せしてません。

全ての方を お引き受けできることが

私の身体は 1つ。

現状 診療させて頂いている 患者さんへの 大きな責任が あります。

オーバーキャパシティーは 【質】の低下の 最大原因だからです。

そういう訳で、

お受けするか 否かは、

私自身が 判断しなければ なりません。

最近、

群馬県からの 患者さんの診療を お引き受け したのです。

何故って?

私は【本当に歯で困った時の歯科医院】の院長だからです。

今も、

多くの 新患の方の【治療方針】について

大いに 思案の 最中に あります。

人それぞれの ご性格 体質 骨格 筋肉の状況、

そして、

歯 歯槽骨 歯肉 粘膜、

お仕事がら 家庭環境、

さまざまなる 因子を 考慮しなければ、

総合歯科診療など 不可能だと 考えています。

ですから、

考えて、考えて、考えて。

で、

もう一度 立ち止まって、

考える。

それが プロフェッショナル。

よっしゃ!受けて 立つぜ!

新しく お越しになられる 患者さんの 治療痕跡に

唖然 とすること たびたび の 今日この頃。

腕も 技術も 基礎医学も 人としての道も

欠落したる者の 仕業の オンパレード。

私らの仕事は【職人】なんですよ。

突き詰めれば そういう【類い】なんですよ。

患者さんに対しては 【愛の仕事】で

その向こう側にいる 【偽物】に対しては 【任侠道】にて、

絶対に 戦いに対しては

【受けて立つ】ぜ!

情熱で 燃える 私なんです。