オーラル リハビリテーション

先日

お見せした セラミッククラウン修復の 技工物

口腔内では  

下顎は まだ プロビジョナルレストレーション (仮歯)の 状態 なんです。

私の 全顎修復治療は

先ずは 

上顎 を 優先 します。

なぜなら 上顎の 歯は 頭蓋骨に 付着しています。

野球に 例えると キャッチャー でしょうか?

上顎の 歯列で 強大な 咬合力を シッカリと 受け止める。

頭蓋骨の 安定した 位置で 歯の ポジションを 決定する 必要性が 在るんです。

上さへ 安定すれば

下顎は 帰るべき 【位置】に 戻って くるもの です。

家庭と 同じでは ないでしょうか?

で、

下顎位が 定まったと 判断したならば

下顎の 歯の 修復治療に 取り掛かるんです。

コレが 私の オーラルリハビリテーションの 手順とも 云えましょう。

歯科診療の 向かう 方向

私が 患者の 立場として 医療機関を 選ぶのならば、

公立病院 公立大学附属病院は 敬遠します。

私学出身の 私の 評価基準から してみれば、

文部科学省 厚生労働相 の 規則通り

そして なによりも 気になるのが

身分が 公務員ですから 完全に保証されている こと。

仮に ミスっても クビに ならない という のは

民間では どの業種であっても 考えられませんよね。

偏差値重視で 医療機関を選択する方も 多いようですが、

それならば 

私学の 出番は 皆無でしょう。

しかし、

昭和天皇の 心臓に メスを 入れたのは 私学出身の 医師でした。

本来の 流れから 考えますと 当然 東大医学部教授で ある 筈 なのですが。

私学は 世間から 常に 国立との 差別の 最中で 戦っています。

本気で なければ 患者さんを 集めることが できませんから。

そういう意味で、

私は 私学の 医学部 歯学部の 【建学の精神】を 観るのが 好きです。

学びの場 である その大学の 基本精神が 判るからです。

ただ、

時代と ともに 何事も 錆び付いて ゆきますし

大勢の 学生が 居る訳ですから

みんなが みんな 理想通りに 育つ 訳では ありません。

それでも、

【建学の精神】は 重要だと 思っています。

私の母校である 日本歯科大学は 【自主独立】

ですから 日本の教育機関全ての中で 唯一 国からの援助を 受けていないのです。

岩手県には 国立大学医学部が ありません。

私学の 岩手医科大学が 東北地方の 医療を 長きに渡って 支えて きました。

その 【医師たらんとする者は 先ず人間であらねばならぬ】

校章も 【医術】と【神意をうけた巫女】を 図案化されて 表されています。

なぜ、

そのような 類いの 話しに なるのか?

テクノロジーの進歩に 医療従事者の 心が 就いていって いないのが 今の医療現場の 現実と

秘かに 胸を 痛める からです。

テクノロジーを 学ぶ 者は

それを 学ぶ 以前に

教養を 身につけて いなければ なりません。

また、

尊い 人の 身体の 医療に 携わる者は

哲学 宗教学 歴史から 倫理学へと 発展する 物事に対する【見方】を 身につけて いなければなりません。

しかし、

特に 今の 歯科医療に関して 鑑みれば

全く その痕跡さへも 見えない 免許保有者というだけの人種が 多いようです。

歯科医療

どの方向へと 向かってゆくのでしょうか?

大空へと 羽ばたけ 青年 !

私が ドキドキ しても 仕方ない のですが、

今日、

22歳の 青年技工士 とうま君の

鶴見大学歯学部 入学試験の 2次試験の 合格発表の 日。

お~い とうまっ 合格発表の時間は 何時なんや?

せっかち な 私は 気が気で なりません。

恐らく
10時 か 12時 じゃないでしょうか

本人は 飄々と 応えます。

え~い  10時 と 12時 じゃ 全然 違うやないか!

そんなこんなで、

10時に お越しになった 患者さんが 新型コロナウィルスの 抗原検査を している間に

鶴見大学歯学部の ホームページで 確認させたのです。

凄い 時代に なりましたね?
私の時代には 大学の 掲示板まで 出向いて 行きましたモノ。

ありました!

おっ 合格か?

違います  合格発表の 画面です

パスワード などを 入力して 初めて 内容が 判るんだそうです。

でっ? でっ?

チョッと 待って ください  あれっ?

え~い  面倒な 奴や なっ!

あっ  パスワード 打ち間違えて ました!

本人も 緊張してるんでしょうね?

でも、

しょうがねぇ 奴やなっ

イライラ する 私

あっ ありました!

そうか! そうか!
直ぐに お父さんに 電話せぃ!

今ですか?

そう 今やっ!

石三晃一 という ビッグネームを 父親に持ち
歯科技工士 に なった とうま君

三枝デンタルオフィス で お預りしたのが 7月の 暑いさかり の 頃 でした。

とうま君の 歯科医師としての 才能を 見いだした 私は 盆の頃に 動いたのです。

とうま君は 三枝デンタルオフィスの ビルの 1階部分の 私の研究所の 当直室で

寝泊まり しながら 勉強と 私の 診療補佐を しています。

彼を お預りする際に

【日本統一】を 観ておく ようにと 伝えて おいたのですが、

先生 その 意味 よ~く 判りました!

僕は 良い 歯医者を めざします!

とにかく
この世界でも どの世界でも

一人前に なるには 10年で やっと 標準レベル
その間は 上の人間に 対して 不平 不満 くちごたえ は 厳禁やで!

そのあとは、
全て 自己責任!

厳しい世界やで!
私が 歯科大学の 合格発表の日に 婦人科医師の 叔父に 1番に 言われた 台詞を 思い出しました。

でも、
今日は 記念の日。

青年よ 大いに 歯科の世界を 高く 高く 舞い上がれ!

老いる こと

86歳で 宮城県石巻市の 粗末な 老人ホームで 独り 幽閉状態に あった 母を

生まれ故郷の 讃岐に 連れ戻して

88歳を なんとか 半年 過ぎることが できました。

家も 衣服 装飾品から 何から何まで

健康保険証 介護手帳 

もちろん

預金通帳 印鑑 の 類いも 

全て 取り上げられ

それこそ 

着のみ 着のままで

働き詰めの 生涯の 決算を 強いられ

無念の 想い のみで 帰ったきたのです。

今、

母は 健康保険証 介護手帳 郵便局の 通帳のみ が 自分を証明する 唯一の 証です。

年金は おかげさまで 母の 通帳に 入ってくるように なりました。

しかし、

唖然 と します。

母は 高額所得者だった と 思います。

が、

年金の 金額の 低さ。

正直 私の 持ち出しが なければ

働いていた頃の 品格を 保つことは 無理だと 思います。

痴呆が 徐々に 進行して ゆく 様を 観て

悲しくなる 反面 

そうで なけりゃ 本人が 1番 辛いんじゃないかと 思えるように なりました。

今では

私 と 家人の 顔しか 判りません。

ただ、

身に 染み付いた 感覚

バカラの グラス

マイセンの マグカップ

食べ物 の 味覚 だけは 当時の まま なのに 驚かされます。

テレビは 観ていても ほぼ 判ってないと 思います。

が、

男はつらいよ

だけは

喜んで 観ています。

山田洋二監督 と 渥美清さん が 本物である 証 だと。

穏やか 日射しの 日曜日。

自宅の キッチンテーブルの 私の席を 占領し

ゆ~くり と 流れる 時を

何を 思い 過ごして いるのでしょうか?

もう少しで 60歳を 迎える 息子は

生涯 最後の 戦い に 挑んでいるのを

判っているのか いないのか?

全国区 の 歯科医師って こういうモノ なんですよ

今日は

朝1番の 患者さんは 東京都からの 女性。

とうま君

○○さんって 綺麗な 方ですよね?

もう コイツ 何みてんねん と 内心にて 思いつつ、

エライ 気合い入って 

とうま君は ○○さんの 前歯の セラミッククラウン修復について

考察してました。

こういう 真剣に 診るって ことを

タイプ タイプ外 問わず 平等になってくれたら プロなんですがね!

次の 患者さんは 徳島県からの 方。

次いで

地元 高松市から 患者さん。

次は 再び 徳島県からの 患者さん。

ラストは 大阪市から。

この ラストの 治療が 堪えました。

根管治療だった からです。

昨日

瞼の 美容外科手術を 受けたばかり。

今日1日 

鎮痛剤を 服用しながら 頑張って 診察して いたんですが、

1日の治療が 終わった 瞬間

緊張の 糸が 切れました。

眼が 痛い!

明日も

午後から 愛媛県からの 患者さん。

【本当に歯で困った時の歯科医院】

それにしても

それぞれの地区の 歯科医師。

なに やってるんですかねぇ?

患者さん の こと よく 判り  患者さん に 近づけた 貴重な体験

今年から  始まった 

私の 【アンチエイジング】作戦

いよいよ 今日が クライマックスの 日

四国中央市 に ある 【HITO病院】

私の 患者さんが 理事長として 経営する 地方医療の 拠点です。

ツーショット写真では 

聡明 かつ 優しい 内科医の 彼女。

しかし

本当は 48時間 働きますか!

昔 そんな テレビコマーシャルが ありましたが

実践 なさって おられます。

きたる 南海トラフ地震の 際には

この病院が 立地的に 救世主と なるでしょう!

全ては 患者さんの ために。

私と 全く 同じ 考え 

私は HITO病院が 成長する 様を 観て 嬉しく 思いつつ

理事長先生の 働き過ぎを 

今度は 主治医の眼から 心配して います。

美容部門の先生

キツかった と 思いますよ!

患者が 私なんですから。

三枝の アンチエイジング計画を 綿密に 練って

何回かの ヒアルロン酸注射 と ボトックス注射で 

先ずは とにかく 老いた 私のシワ を 消してみて

今日

外科手術の 日と なりました、

いつも 到着する時刻に 合わせて
 
私を 正面玄関口で 待ってくださる 事務部長。

ありがとうございます。

着替えて 

いよいよ オペ準備室に 入る 私。

で、

オペ が 終わって

個室待ち合い室に 戻って とうま君が 携帯電話のカメラで撮った 私の ワンショット

いろんな意味で 患者さんの お気持ち 再認識 できました。

治療される側も 疲れるモンですね!

トホホ

麻酔が きれて きた ようでです。

薬 のんで 早く 寝ましょ

神さま の お導き 

昨日 の 出勤時の こと でした。

遅刻したんです いつもより。

あわてて 家を 出て

いつもの 道順で

教会の 聖堂を 横目に 

いつもの ように 十字を 切り

そんな時、

信号待ち に 引っ掛かって しまいました。

ふと 

バックミラーに 視線を 移した 瞬間

怒りが 爆発 したのです。

この歳ですから、

嫌な 奴って 何人か 居るのは 普通でしょう?

なんと

人類史上 最大に 嫌いな 奴が 

偶然にも

私の 車の 真後ろに 停まって いたのです。

身体ごと

後ろを 向いて

相手は 私に 気づいて いました。

医師としての 立場から 感情は抜き にして 診断させてと

人格障害 あるいは 解離性人格障害 の 人 です。

三枝家 全体 のみならず 人類の 敵と 言って 良いでしょう!

これから

この 詐欺師に 何人の 善良なる人類が 騙されるのか

我欲 の 塊  人間のクズ と 断言できます。

しかし、

教会の 聖堂 の 前で とは?

なんで 高松に 居るんじゃい?

相手の 表情を 観て いました。

本当に 相変わらず

ただ

完全に 落ちぶれて ましたね

人を 診てきたから 判るんです。

無理して 自己肯定して 自己納得させて 

自分なりの 幸福感をと 思いを 向けては いる ものの

砂上の 楼閣に 居る 自分を

無理して 否定するために

精一杯の 自己主張する しか ない のでしょう

私は カトリックを 信仰する 者です。

人の 幸福を 願っています。

が、

コイツだけは イケマセン!

堕ちる ところ まで 堕ちろ!

願っては いませんが、

絶対的な 人類の 敵だと 確信しています。

以前、

司教さまに 

絶対に 許せない 人って いらっしゃいますか?

バカな ことを 聞いた ことが ありました。

います 一人だけ。

正直 安心したのです。

再び

司教さま に 聞きました。

怒り 恨み 蔑み  否 呪い のような 気持ち を 

どのように 処理して いらっしゃいますか? と。

記憶から 消し去るんですよ。

そのような 人と 関わり合いの ある人 全ての 記憶を 消し去るんです。

私は その深夜

悪夢で 叫び 飛び起き ました。

横で 眠っていた 家人は

何も 聞かず

鍋で 湯を 沸かし

徳利に 熱燗を 準備し

黙って 盃に 酒を 注ぎ

いつも ありがとう ございます とだけ。

一献 グッと、

再び、

盃に 酒を 注ぎ

静かに 時が 流れて ゆきました。

あぁ そうだった と

私は いつも かく あろう と

我に かえった のです。

その日の 意味

場所がら も 考えへ

神さま なりの お考えが お在り なのだろうと。

やっぱり 変だわ!

大根おろし の あの キッチン用品の ような 形態の ジルコニアクラウン修復ですね!

とうま君は 父親の 作品しか 知りません。

診察の あと 私に 聞いてきたのです。

歯に チュウインガムを 乗っけて 上の歯と 咬まして 上の歯の跡が 着いた ような あの修復

なんなん ですか?

俺にも 判らんわい!
目が 腐ってるんやろなっ!

患者さん かわいそう ですよ!
若き 歯科技工士の 正義感の 琴線に 触れたようでした。

まだ、
甘いでっ!

この類いの 修復する 奴って

ほらっ なっ!

レントゲン写真を 見せました。

凄まじい 根管治療

頼りない ファイバーポスト

今 多いんです。

こういう 状況が。

先生
コイツ
ホームページで
接着修復 根管治療 噛み合わせ
大家みたいに 書き まくって ますよね?

書くのは 本人の 勝手やがな!

アホに つける 薬は ないのや

だから ここからの 転院患者さん 多いやろ?
患者は 賢いで!

とは 言ったものの

やっぱり 変ですよね?

今時の 歯科

下手に 手を出すまえに クラウン修復の 落とし穴

大阪市高槻市からの 患者さん。

歯科医師不信の 塊のような 方。

私も 歯科医師の はしくれ ですから

辛い ですよ。

でも、

決して 責める 気持ちには なれないのです。

患者さんは 治す ために 歯科医院を 訪れます。

治す ためです。

が、

現実には、

噛めない 状況に 陥って しまう 結末へと。

転院しても 転院しても 

症状は ますます 悪化する ばかり。

そりゃ 不信に なるわな!

どこで 聞きつけられるのか、

どうやって 探されるのか、

私には 判りません。

が、

【本当に歯で困った時の歯科医院】

海を 渡って お越しになられる 方が 後を たえません。

一見 すれば 一目瞭然なんですが?

噛める はず 無いんです。

噛む 位置が 顎の関節の安定位置と ズレてるんですモノ!

治療のは 【根拠】が 必要なんです。

それから 初めて 治療に 着手する。

咬合器に 模型を 装着して 【根拠】を 探しだす。

この 写真の 意味が 判らない 歯科医師は

修復治療から 退場すべき でしょう。

こんなにも ズレて 修復してるんですよ!

この 後は

先ずは 模型上で 修正箇所を 予行演習。

当たり前です。

ぶっつけ本番で 患者さんの 歯を 触る 訳 イカンでしょうが!

どのように 修正するのかは ナイショ です。

弟子にしか 教えません。

美しい歯の治療 の 前に

すべき ことを すべき なんです。

今日も 初診の 患者さんが。

また、

栃木県小山市からも 近々 新しい患者さんが お越しに なられます。

私は

【本当に歯で困った患者さん】しか 拝見 できません。

身体は 一つ ですもの。

お電話なんかで、

あの~ 今 ホームページ 観てるんですけど

治療費って いくら くらい ですか?

そんな お電話が ありました。

私 診察も してません。

診ても ないのに な~んも 判りません。

治療費用が 気になるのも よく 理解しています。

が、

私は ボッタクリ歯科医と 同じに せんで くださいね。

医師は 診査診断の上で 一生懸命 治療方法を 考えます。

少しでも 

予算が 大きな負担に ならないように とか、

身体への 侵襲を 少しでも 小さく しようとか。

治療するまでに、

もがく んです。

こういう類いの 問い合わせには

私は 頑固ジジイ です。

申し訳ございません あいにく いっぱいで ごめんなさい と。

そういう モン じゃ ないですか?

歯で 泣いてる方に 

私は 人生を 捧げて ますから。

生意気だと お感じになられるならば

いっぱい 私の 悪口 言っても いい ですよ!

私は 私の 選んだ道を 真っ直ぐ 行く だけですから。

恋ごがれて 歯科医師に なりましたが

この 数年に なりますでしょうか?

初診の 患者さんの 構成が 激変しました。

歯科医師過剰は 今では 誰もが 知る ところです。

健康保険診療報酬も 減少していますから

歯科医師が 自費治療に 走るのは 一応は 理解できないことは ありません。

保険収入減を 自費治療で 補う と云う こと でしょう。

私は 自費治療のみで 診療所を 運営してきました。

保険収入減を 自費治療で 補うためでは ありません。

父は 商家の 出で

母は 武家の 出。

遺伝子的に 私は 確実に 両者の 【さが】を 引き継いでいます。

商人は 自己の裁量にて 家を たち行かさねば なりません。

武家は 武士道精神に 則り 美しく 生きねば なりません。

縁 在り 私は 歯科医師の 道を 選びました。

【自主独立】を 建学の精神とする 日本歯科大学を 選んだのは

私の 中の 血

自己裁量で 生きる と云う 意地 と

正しく 美しく 生きる と云う やせ我慢が 原因かも しれません。

私は 日本刀の 美しさに 時間を 忘れて 見いる 時が あります。

刀は 元来 人を 殺める 道具で ありましたが、

日本の 鍛冶職人たちは

刀の 中に 美と魂を 封じ込め その形を 創造したのです。

芸 美 魂

追及してこそ 人が 生きる 意味が あるのだと 思います。

振り返って 観れば

私 と 歯科医学との 関わり合いも

鍛冶職人 と 刀 との 関わりと 同じ だった ように 思えます。

話が 反れましたが、

元来

歯科医師は 人の口腔の 健康向上に 寄与すべき 医療職です。

そのためには

日々 研鑽し 患者さんを 慈しむ心を 育む 努力を 惜しんでは なりません。

私にも 未熟な 時代が ありましたし、

現在においても まだまだ 発展途上の 最中にて

もがき 苦しみ 悩み

その中で 歯科医師である 喜びを 見いだしながら

なんとか 折り合いを つけて と云うのが 本音です。

仕事とは 死ぬくらい 苦しいものだと 昔の人は 口にしています。

その苦しさの 中に 達成感 なり 喜びを 見いだす。

それを 仕事を楽しむ と云う ことです。

仕事を楽しむ とは 娯楽では ないのです。

またまた 話が 反れました。

その 前置きが 必要な ほどに

歯科医師の 質の 劣化を 痛感せざるを 得ないのです。

歯科医学は 進歩しています。

が、

歯科医師は 質の 低下ではなく 劣化 していると 感じています。

新しく お越しになられる 患者さん。

自費治療専門と 唱う 歯科医院からの 転院組が 激増しています。

診察しながら、

なぜ 自費治療を 行えるのかが 全く 理解できないのです。

知識 技術 倫理観 全て 欠如し

あぶり出され 見えてくるのは

大いなる勘違い か 誤った自己評価 

歯科医学を 舐めている としか。

世間は 冷静に 物事を 評価し 判断します。

今や 歯科医師を 尊敬する 人は 居ないでしょう。

私は 歯科医学に 魅せられて 恋こがれて 半世を 費やしました。

その 自分の 職業が 蔑まされることが

悲しくて なりません。

また、

患者さんが かわいそうで なりません。

人は 誰かのために お役にたてる ときに 力の源が 生じる と 云います。

歯科医師は 誰の ために 存在するのか

歯科医師 一人 一人が 襟を正す 時が 今。