お盆が・近づいて・きましたね。

母を・引き取ったのを機会に、

行燈って・云うんですか?

新しいモノに・買い替えました。

お仏壇の横に・立てて、

和紙で造った・提灯みたいなもの。

中に・光りを灯す・アレです。

和紙を・細い竹を形作った周囲に・綺麗に貼って、

淡い色彩で、

花が・描かれて・います。

桔梗の蒼さが・鮮やかです。

この白い花は・芙蓉でしょうか?

2月10日に、

石巻市から・母を引き取って、

約・半年。

診療所の2階にある・院長室に鎮座する

ご先祖の・お仏壇を、

母は・礼拝することが・できなくなりました。

足腰が・急に弱ったからです。

母と・ご先祖さま・との接点は、

お供物の下に敷く・半紙。

この半紙を・綺麗にお供仕立てに・母が折ったモノ。

それだけに・なって・しまいました。

ですから、

行燈の・花模様も・母は観ることが・できません。

人の・一生とは・誠に儚い夢のような・モノ。

そんな半年を・過ごしています。

診療所の方は・お陰様で・多忙です。

私の多忙さを・母は・自慢げに・眺めているようです。

勝負所から・逃げると・後から・ツケが2倍になって・帰ってくる。

勝ち負けなど・考えないで・前へ進めば、

苦労は・半分になるんだよ。

そんな・セリフを・幼い頃、

この母から・聞かされたことを・思い出して・しまいました。

歯科医師としての・私の一生は、

今後・どのような展開してゆくのか・解りませんが、

先程、

大学の水橋准教授からメールで届いた文献を追いながら、

これから手掛ける・研究のために、

考え、考え、

更なる文献を漁り・貪り読み、

治療と学問との・調和を求めて、

年を追うんだと・思います。

私の・好きな・歯科医学。

淡い・小さな花で・構いません。

それでも、

花の種をまく事の・手を止める気持ちは・ありません。

ヨシっ・研究だ!

私は・大学での仕事は、

チームを・組んでいます。

具体的には、

研究と・診療です。

診療行為には、

確たる・学問的根拠が・なけれな・なりません。

その根拠とは、

他の学者の研究論文ではなく、

自らの研究によって・裏付けした結果が・最も・信用に値すると・

考えています。

ですから、

患者さんの診療を行う・臨床家こそ、

研究環境に・身を置く必要があると・確信しています。

で、

同じ方向を以って・進む仲間との・チーム医療と研究は、

無駄な・時間や意見のすり合わせを・割愛できるという

大きな利点が・あります。

今朝、

大学の水橋准教授に・電話を入れました。

で、

閃いたネタと・方法を、

ダダダ・と、

猛烈なスピードで・申し上げたのです。

水橋先生は・流石ですね。

ピン・ピン・ピン・と、

理解して、

私は・大いに・満足したのです。

その満足心に満たされた・単細胞の私の、

今日の・診療が・格別に・上手な仕上がりになったのは、

言うまでも・ありません。

滋養

あんまり暑い日が・続くものですから、

外出など・する気にも・なれず、

それは・それで、

新型コロナウィルスから・身を守る事にも。つながりますから、

まぁ・良いか・と。

例年であれば、

食の細い・私は、

暑さのせいで・すっかり・食欲が・失せていたんですが、

この2年以上、

毎朝・夜、

必ず・飲んでいる・養命酒のおかげで、

身体が・スッカリ・整った・実感を確信しているのです。

魚から・牛肉のステーキを・毎日・摂るように・なったのも、

基礎体力・獲得の大きな要因だと・思います。

診療には・凄まじい体力を・要します。

新しい知見を・吸収するための・勉強も、

脳のカロリーを・大量に消費します。

食べなければ・勝負できません。

この食べる・って事が、

食の細い人間にとっては・結構・ヨイショが・いるんですよ。

その基礎になって・くれたのが・養命酒なんですね。

一昨日の夜、

急に・布団を跳ね・起きて、

原稿用紙に・ペンを走らせたのです。

この数年、

頭の中で・モヤモヤして・霧がかかって・霞んでいた、

なんともスッキリしない・研究方法が、

鮮明に・電球に灯が・灯ったように・閃いた瞬間だったのです。

きっかけ・など・ありません。

365日、

ずっと・スッキリしない・心持ちで、

問題意識を・頭の片隅に・置いたまま、

過ごしていたのです。

一気呵成・に、

原稿用紙は・真っ黒に・なりました。

週明けに、

水橋准教授に・電話して、

この感動を・お伝えしようと・思っています。

滋養。

心・身体・脳を・大切に・労るために、

実感しながら・お過ごしください。

生きる

これでも、

カトリック信徒なんですよ。

ですから、

毎朝、

祈りの本を・開いて、

1日を・スタートします。

生きている・と、

生きていく・は、

大きく違う。

今日は、

この言葉が・目に入りました。

身体に・ビシリと・鞭打たれた・想いに・なりました。

歯科医師の・日々に生活は、

大変な・エネルギーを要する・なんて、

歯科大学の学生時代には、

思いも・しませんでした。

が、

実社会において、

歯で本当にお困りの患者さんにとっての・最後の砦であろうという

私の決意を・全うするには、

大変な・エネルギーが・いるんですよ。

そんな話を・していると、

母が・元気なときに・贔屓にしていた着物屋さんが、

お越しになられました。

先生からのご注文の・お品・お届けに参りました・と。

母の・死装束です。

絹のなかでも・最高のお品です・と。

健在の母に対して・不謹慎だとは・思いません。

母・最後の衣装は、

母の贔屓の店の・店主の見立てで・旅立ちさせてあげる事。

これが、

長男としての・最後の親孝行だと・考えてのこと。

生きているからこそ・できる・準備なんです。

備えよ・という言葉・好きなんです。

医療行為を・行う資格

患者さんの・身体に触れるためには、

その範疇に応じて、

国の定めた基準を満たした・教育を一定の期間・受けて、

国家試験に・合格することが、

最低の・条件であることは・云うまでも・ありません。

この国家資格は・最低条件である事。

なにも・名医でも・良医でも・ないわけです。

ただ、

患者さんに・触れても・構いませんよ・

と云う・程度のモノなんです。

が、

これを・大いに勘違いする・阿呆な輩が・多いのも・事実なんです。

生命体ほど・尊い存在は・ありません。

ですから、

私たち・医療職に就く者は、

生涯を・自己修練に・身を置かねばなりません。

そう云う・当たり前の・習慣を、

自らの・意思で・継続させなば、

この道に・入らない方が・良いでしょう。

今日も・診察に・明け暮れて・1日を送りおました。

脳みそが・パンパンに・なります。

腰掛けて、

飽和状態になった・脳髄を解放するために、

小1時間ほど、

放心状態に・なる時も・珍しくは・ありません。

考える歯科治療。

歯科医師は・指先の器用さが・最終的には・1番・大切です。

これは・本音・です。

が、

思考の過ち、無知なる歯科医師の手先は、

もっと、

たちの・悪い・結末を・迎えるのです。

器用な指先で、

日頃から・貯めに溜めた知識の引き出しから、

正確に・取り出した理論と・手技を、

正確に・精密に、

実行することの・連続が、

歯科医師の・1日なのです。

私の診療所は・患者さんが、

探してでも・来てくださいます。

歯科医院の経営学とか、

歯科医院の患者さんの・集客法について、

今の歯科医師は・大変・興味が・あるそうです。

インターネットで歯科医院の検索を・してください。

医院名の脇に・小さく記された・広告という単語。

広告・と記された・歯科医院が・その広告料を

いかほどに高額な・費用を・広告代理店に・支払っているのか。

また、

インプラント紹介ネットなんて・云うんですか?

あれも・ただでは・ありません。

お金・払って・載せて・もらって・るんですよ。

なぜって、

患者さんが・来ないから・広告するんですよ。

新型コロナウィルスで・飲食店は・大きな打撃を・受けています。

お客さんが・来てくれないからです。

で、

苦心の策として、

出前!

来てくれていたら、

能率も悪い・店で食べるようには・イキマせん。

でも、

生きて行くために、信念に・目を瞑るのです。

私の行く飲食店は、

名前に恥じない名店です。

苦しくても、

出前は・していません。

人間、

限界点に遭遇した際の・行動で、

その人間の・本質が・露見するのです。

クーポン券を出して、

治療費を・ディスカウントする歯科医院や・美容皮膚科に・美容外科。

来て・くれないから・値引き・するんじゃ・ないですか?

エルメスが・値引きしますか?

患者の側も・もう・医療機関の1部の・悪徳を、見抜く必要が・ありますよ!

医療行為を行う資格は・国家試験合格者というだけじゃ・ありませんよ!

梅雨明け

天気予報の方は・わかりませんが、

今朝から、

急に、

蝉時雨。

かしましい・ほどの・蝉時雨。

夏本番ですね。

私は・夏が・苦手です。

特に・四国の夏の・太陽の直射は・激しいのです。

肌に・突き刺さるほどの・痛さを・感じるくらい・強い・強い。

ですから、

外出しません。

と言って、

クーラーも・嫌いなんです。

仕事場では・致し方ありませんが、

院長室は・窓を・開け放ったきりで・エアコンは・つけません。

クーラーの・人工的な冷たさで、

体調が・壊れそうな・気がするからです。

さて、

苦手な・夏。

秋まで、

じっと・していると・しましょうか。

大人の男である・自覚

今日のブログにて、

銀行マンについて、

みんなが・みんなでは・ないんでしょうが、

どうしたもんだか?

と云う・内容で・綴ったんですが。

お昼時、

診療所に電話が・かかって・きました。

愛媛銀行・高松支店の支店長です。

で、

言い分が・笑っちゃい・ました。

あちらさんが、

この・あちらさん・と云うのは、

私の顧問会計事務所です。

あちらさんが・そのように・受け取ったのなら・気をつけます。ですと。

私ですか?

私の顧問会計士、

及び、

事務所はワンフロアーですので、

事務員さん・みんなには・筒抜け・なんです。

その全員が、

愛媛銀行の行員に、

威嚇的大声での・罵声を浴びせられたと。

それを、

この支店長、

そのように・受け取ったのならば・と・のたもうた。

これは、

もう救いようが・ありませんね。

この銀行の・普通なんでしょう。

しかし、

こう云う・大人の男って、

社会から・退場すべきだと・私は思います。

特に銀行は、

地域の産業の育成に貢献すべき性格と・職責があるんじゃ・ないですか?

企業に融資して、

貸してやってるんだぞ!

なんて、

大いなる・錯覚すること自体、

教養の低いことを・自己表明している・ようなモノです。

住宅ローンの一括返済を申し込んだら、

愛媛銀行というところは・顧客を怒鳴る・と云う事実は

紛れもない・真実なんです。

モラル

つい先日、

足の不自由な母の通帳を整理しようと、

つい最近、

本社ビルを新築した銀行へと・母を連れて・出向いた際に、

呆気に・とられたのです。

今時・珍しいほどの・非常識な対応だった・からです。

若い女性行員でしたが、

こんな女性が・いるんだ?と、

一体、

どのようにして育ったのか?

昔の私なら、

その場で・怒鳴りつけて・いたでしょうね。

が、

黙って・呆れて・顔を眺めてだけ・いました。

もう私も・歳が歳だけに、

紳士的な・所作であること・を最も・気をつけていますから。

老いた母が・ポツリと・言いました。

あなたは・辛抱強くなったねぇ。

で、

最近、

診療所に、高知市に本社のある銀行の・高松市内の支店長なる

40代の男性が・融資の申し出にて・お越しになりました。

雑談の中で、

銀行は儲からない!

担保をとるよりも、

保証協会へ・投げた方が・銀行側はリスクが無いのだと、

平然と語る・彼。

また、

融資より・手数料が・美味しい・などと。

黙って・聴いて、

別段・融資を受けなければ・ならない事情は・ありませんでしたので、

丁重に・お帰り頂いたのです。

また私ごとで恐縮ですが。

住宅ローンの残金が・わずかになったので、

一括返済しようと、

顧問会計士の事務所へ依頼していたのです。

新型コロナウィルスへの対応にて、

雑務は・それぞれの専門家に委託し、

私は・感染防止対策に専念するためと、

患者さん以外の・さまざまな職種の方の・来院を防ぐためです。

そのような過程のなか、

愛媛県に本社のある銀行なんですが、

突然、

アポイントも無しで、

顧問会計士の事務所を訪問し、

一括返済するための・金の出所はどこだ・とか、

さまざまなことを、

大声で・怒鳴り、

威嚇し、

事務所の職員たちは・ビックリしたのだと、

今朝、

会計事務所の担当職員から・報告を受けたのです。

顧問の先生は、

相手を・叱咤したそうですが、

私は、

早々に、

高松市店長へと・電話を入れたのです。

で、

結論から申し上げますと、

表面だけを・綺麗に繕うことだけに終始し、

中身の無い人生を・歩んできた人たちには、

モラルというものより、

目先の利益の方が・優先事項であると云うことが、

身に・染み付いてイルのだと。

都内の名門小学校や中学校の受験の際には、

親子面接が・当たり前に・なりました。

で、

その問答集を閲覧しますと、

1番・多い・質問は、

お子さんには・どのような大人になって欲しいですか?でした。

私ですか?

成人し、

勤勉に労働し、

国に・キチンと・納税できる人間です・と答えますね。

私自身も、

勤勉に仕事に従事し、

苦しいですけれども、

経営を・やりくり・しながら、

納税の義務を・果たしています。

税金が無ければ・国の運営が・できませんから。

私は個人事業主ですから、

あらゆる場面で・税金が発生します。

国税・市税・固定資産税・消費税・個人事業税・予定納税などです。

ガックリする時も・正直・ありますよ。

税金が無ければ・本当に・楽ですもの。

しかし、

納税は・国民の義務ですから。

身体を壊して・働けなくなったら・税金も払えません。

働ける・ってことは・幸せ・なんだと。

また、

仕事には・必ずリスクを・ともないます。

ヒヤッと・する曲面など・たびたび・ですから。

それでも、

リスクを選ぶのは、

患者さんの・ため・です。

私が・やらなくて・誰がやる!

そう云う・気持ちで・治療を受けるんです。

ですから、

リスクが要りませんから・などと、

平気で曰う・大人の男を・心から軽蔑するのです。

銀行に将来はない・と経済誌などで・散々・酷評されていますが、

それは・自分の巻いた種だと・思うんです。

病気は・次いででは・治りませんよ

初診の・お電話が・ありました。

確かに、

本当に・お困りの・ご様子に・お気の毒に・思いました。

で、

診察の・ご希望のに日程を・伺ったところ、

仕事が・終わってからの・夕方なら・と。

で、

そもそも・初診とは、

絶対に・診・落としが・あっては・ならない・超・大切な手順です。

仕事で疲れた・私は・この時間には・無理です。

患者さんに・申し訳ありません・ので・と、辞退。

お仕事が・土曜日は、お休みとのこと・ですね?

じゃあ・来週の土曜日の・私のお昼の休憩時間を・潰しますから

お越しになりますか?

すると、

1時からならば・と。

で、

それならば・30分しか・診察できませんから、

よく診られません。

その翌週では?

すると、

そこまで先は・待てません。

それなら、

来週の土曜日の12時に・お越しくださいね。

1時間半・お時間を・ご用意して・おきますね。

そんな・やりとり・が・ありました。

新型コロナウィルス蔓延下での、

三枝デンタルオフィスの感染防止体制は・徹底しています。

詰めて・アポイントメントを・入れていません。

そう云う・事情も・一般の大人は・ご認識して・いただきたいのです。

診療所は・病気を・治す所・なのです。

また、

病気は・患者さんの・都合では・治せないのです。

何か・変ですよね

コロナ・コロナで・翻弄されながら、

冬が終わり、

春が来て、

梅雨に入ったかと・思ったら、

蝉の声が・耳に入り出しました。

突然の雷雨や・豪雨による・災害。

地震も・あちこちで。

しかし、

今日という・唯一の時間を・大切に・過ごしませんと・ね。

今朝、

ふと、

ある事を・突然・思い出したのです。

小学低学年生時代の・夏休み。

暇で・暇で・堪りません。

商家でしたから、

夏は・お中元商戦の・かき入れどき・だったのです。

家中が・従業員総出で、

早朝から深夜まで、

働き通し・でした。

古き日本の・当たり前の光景です。

祖父が社長でした。

彼は・呑気に・過ごしていましたね。

手揉みしながら・すり寄ってくる銀行員たちの

おべんちゃらに・大いに満足そうでした。

広い社長室でした。

ドーンと大きなデスクを構えていました。

部屋のど真ん中には、

どデカい・屋久杉のテーブル。

と、客人用のソファー。

で、

何を・思い出したのかと・云うと、

テーブルの上に、

バカラの大きな蓋付きの・シガレットケースが、

当たり前のように・置いてあり、

訪れた客人も、

当たり前のように、

それから・紙巻きタバコを取り出して、

普通に・吸っていました・こと。

時代って・随分と・変わるものなのですね。

今、

私の院長室は・仕事のためだけの・戦闘司令室。

仕事のための個室でしか・ありません。

同じ・長でも、

祖父は・恵まれていたんだなと・羨ましく・思います。

祖父の葬儀の際には、

頂いた花輪が、

地元の駅から自宅までの1キロ近くでしょうか。

沿道の両側に・びっしりと・立ち並んでいる光景は・圧巻でした。

その息子たる・父は、

東北の病院で亡くなり、

息子たる私の姿もなく、

姉夫婦の関係者だけの葬儀のあと、

遺骨は・姉の自宅の廊下に・放置され・三回忌を迎えようと・しています。

高松市郊外にある・墓地には・遺骨のない父の墓石を建立しましたが、

未だ、

遺骨は・返しては・くれません。

お仏壇に・父の位牌と写真を。

毎日、

祖父たち・他のご先祖様と共に・供養は・していますが、

内心では、

私は、

怒りの炎が・消えません。

しかし、

これは・父の巻いた種だから・致し方ありませんが、

カトリック信仰の原点である・許し・の心でさへも、

姉夫婦に対しては、

十字軍を以て、

戦闘態勢を・整えたい・心境なのです。

身近な人間でさへも・この・ありさま。

どこかで、

道を・間違えたんでしょう。

昔は・良かった!

と、つくづく思うのです。