古典的根管治療

ワシントンD.C.に在る・合衆国独立記念塔。

その形体が、

根管充填の・見本だと、

師から・常々・教えを受けました。

根管の拡大形成の・正確さ。

そして、

レントゲンには・決して・映りませんが、

繰り返し・繰り返しの、

次亜塩素酸ナトリウム溶液と、

過酸化水素水での・交互洗浄。

単に、

ケミカルクリーニングではなく、

ケミカルサージェリーの・概念で。

これも、

師の・教え。

若手歯科医が・夢中になっているグローバルな最近の・根管治療。

30年も・前に、

若気のいたり・で、

かじった・記憶があります。

が、

私は、優れた師たちに・恵まれました。

即、

方向転換し、

師の教えを、

未熟な自分が・近づけるように、

工夫を重ねて・時を経過したのです。

法隆寺も、

正倉院も、

当時の・ままです。

近代建築の技術の結晶であった・多くの建造物は、

今、

取り壊されて・います。

人智よりも・優れたモノが・あります。

地球の恵・との共存です。