難しい症例に・挑むとき

生命体って・不思議な存在です。

そう・つくづく思います。

難しい症例って、

診断と、

その原因について悩む・場合です。

解らない真実は、

水の中の・奥深くに・沈んでいます。

で、

その上を、

厚い水の層が・覆っています。

水面は、

キラキラと・鏡のように光り、

私の・姿を映して・いるのです。

難症例って・そういうモンです。

解決方法ですか?

光る水面を・凝視し、

勘でしょうね。

1点・走破で、

ドボンと・水中に・飛び込んでゆくんです。

で、

グイグイと、

深く・深く・潜ってゆく。

その際、

考えてなんか・いません。

無我夢中で、

水底の・小箱を、

探し求めるんです。

そうやって、

医者って・成長するもんだと。