本当に困った時の・歯科医院

84歳の・女性です。

上顎は、

私が・総入れ歯を・造りました。

下顎は、

このような・細工?での

部分入れ歯が・入っていましたので、

入れ歯部分だけを、

新しい・総入れ歯に・協調するように、

歯歯・触らず、

古い・入れ歯を・修理しました。

噛めるようになると、

もっと、

もっと、

食べたかったモノが・食べたくなるのが・人情ってモンです。

が、

写真でも・お分かりでしょう?

入れ歯の・留め具に、

この歯科医、

ボタンを・使っています。

アホやな。

噛める・入れ歯に、

こんな細工を施すと、

力学的観点から・歯が、

泣いてしまうじゃ・ないですか?

で、

結局、

歯が・折れる!

今、

インプラントの手術が・終わりました。

後期高齢者への・インプラント治療は、

入れ歯との・コンビネーションになります。

テクニック的には・コツが・必須です。

しかし、

もっと重要なのは、

手術の・体への・低侵襲に尽きますね。

人が・老いてゆくのは・当たり前です。

年寄りだからって・言葉と考えは、

元気な年齢層の方の・偏見だと思います。

みんな、

若い時代があって、

今日に到ってるんですよ。

美味しいものを、

楽しんで・過ごして欲しい。

そのために、

私ら専門職が・工夫すれば・良いんですよ。