寂しさと・煩わしさ

起床すると、

86歳になる・母と会話するのが・常になりました。

生まれ故郷の・光景が、

育った大気が、

母の・感性を、日に日に・回復させてくれていることに、

驚きながら・老いた母を眺めています。

珈琲を飲みながらの・母の言葉。

人の・心は・なかなか・一緒に・なれないものね。

どこかで・一歩・相手に・譲らないと。

みんなが・少しづつ譲れば・大きな輪に・なるんだ・けどね。

でも、

誰か・一人でも・強く出ると、

心って・見えないだけに、

壊れて・行くもんだね。

譲ることの・できない人、

譲ることの・知らない人。

そういう人と・関わると、

そういう状況が・長く続くと、

心って・折れてしまうのね。

あなたは・今・悩みが・あるの?

お仕事では・順調そう・じゃない?

対人関係なの?

もし・そうだったら、

たとえ・人に傷つけられる機会があっても、

大勢の・人の中へと・入ってゆく方が・良いわよ。

大勢の中には・力の源が・あるから。

男は・外へ、外へ・出なきゃ。

そうすると、

力も得られるけれども、

煩わしさも・いっぱい・味わうもんだわ。

ソレでも・男は・仕事。

仕事するには・気力が・必要だからね。

ひとりで・居ると・孤独感を味わうものね。

でも、

同じ家の中で・家族と暮らしていても、

それぞれは・違う人間だから。

考えも・行動も・心も・それぞれ・なものよ。

家庭の悩み?

あなたは・仕事だけが・趣味の人だから、

気も効くし、

先々を見て・準備して動く人だから、

みんな・羨ましがるんじゃ・ないの?

そうで・あれば・良いんですが。

現実は・誠に不思議なもので、

筋目を何より優先する・昔人間の私と、

沖縄出身の・14も歳の離れた妻のルールには

大きな・大きな・違いが・あるものです。

今の・女性は本当に・強くなったかのように・見えます。

が、

本当に・強いんでしょうか?