医療行為を・行う資格

患者さんの・身体に触れるためには、

その範疇に応じて、

国の定めた基準を満たした・教育を一定の期間・受けて、

国家試験に・合格することが、

最低の・条件であることは・云うまでも・ありません。

この国家資格は・最低条件である事。

なにも・名医でも・良医でも・ないわけです。

ただ、

患者さんに・触れても・構いませんよ・

と云う・程度のモノなんです。

が、

これを・大いに勘違いする・阿呆な輩が・多いのも・事実なんです。

生命体ほど・尊い存在は・ありません。

ですから、

私たち・医療職に就く者は、

生涯を・自己修練に・身を置かねばなりません。

そう云う・当たり前の・習慣を、

自らの・意思で・継続させなば、

この道に・入らない方が・良いでしょう。

今日も・診察に・明け暮れて・1日を送りおました。

脳みそが・パンパンに・なります。

腰掛けて、

飽和状態になった・脳髄を解放するために、

小1時間ほど、

放心状態に・なる時も・珍しくは・ありません。

考える歯科治療。

歯科医師は・指先の器用さが・最終的には・1番・大切です。

これは・本音・です。

が、

思考の過ち、無知なる歯科医師の手先は、

もっと、

たちの・悪い・結末を・迎えるのです。

器用な指先で、

日頃から・貯めに溜めた知識の引き出しから、

正確に・取り出した理論と・手技を、

正確に・精密に、

実行することの・連続が、

歯科医師の・1日なのです。

私の診療所は・患者さんが、

探してでも・来てくださいます。

歯科医院の経営学とか、

歯科医院の患者さんの・集客法について、

今の歯科医師は・大変・興味が・あるそうです。

インターネットで歯科医院の検索を・してください。

医院名の脇に・小さく記された・広告という単語。

広告・と記された・歯科医院が・その広告料を

いかほどに高額な・費用を・広告代理店に・支払っているのか。

また、

インプラント紹介ネットなんて・云うんですか?

あれも・ただでは・ありません。

お金・払って・載せて・もらって・るんですよ。

なぜって、

患者さんが・来ないから・広告するんですよ。

新型コロナウィルスで・飲食店は・大きな打撃を・受けています。

お客さんが・来てくれないからです。

で、

苦心の策として、

出前!

来てくれていたら、

能率も悪い・店で食べるようには・イキマせん。

でも、

生きて行くために、信念に・目を瞑るのです。

私の行く飲食店は、

名前に恥じない名店です。

苦しくても、

出前は・していません。

人間、

限界点に遭遇した際の・行動で、

その人間の・本質が・露見するのです。

クーポン券を出して、

治療費を・ディスカウントする歯科医院や・美容皮膚科に・美容外科。

来て・くれないから・値引き・するんじゃ・ないですか?

エルメスが・値引きしますか?

患者の側も・もう・医療機関の1部の・悪徳を、見抜く必要が・ありますよ!

医療行為を行う資格は・国家試験合格者というだけじゃ・ありませんよ!