滋養

あんまり暑い日が・続くものですから、

外出など・する気にも・なれず、

それは・それで、

新型コロナウィルスから・身を守る事にも。つながりますから、

まぁ・良いか・と。

例年であれば、

食の細い・私は、

暑さのせいで・すっかり・食欲が・失せていたんですが、

この2年以上、

毎朝・夜、

必ず・飲んでいる・養命酒のおかげで、

身体が・スッカリ・整った・実感を確信しているのです。

魚から・牛肉のステーキを・毎日・摂るように・なったのも、

基礎体力・獲得の大きな要因だと・思います。

診療には・凄まじい体力を・要します。

新しい知見を・吸収するための・勉強も、

脳のカロリーを・大量に消費します。

食べなければ・勝負できません。

この食べる・って事が、

食の細い人間にとっては・結構・ヨイショが・いるんですよ。

その基礎になって・くれたのが・養命酒なんですね。

一昨日の夜、

急に・布団を跳ね・起きて、

原稿用紙に・ペンを走らせたのです。

この数年、

頭の中で・モヤモヤして・霧がかかって・霞んでいた、

なんともスッキリしない・研究方法が、

鮮明に・電球に灯が・灯ったように・閃いた瞬間だったのです。

きっかけ・など・ありません。

365日、

ずっと・スッキリしない・心持ちで、

問題意識を・頭の片隅に・置いたまま、

過ごしていたのです。

一気呵成・に、

原稿用紙は・真っ黒に・なりました。

週明けに、

水橋准教授に・電話して、

この感動を・お伝えしようと・思っています。

滋養。

心・身体・脳を・大切に・労るために、

実感しながら・お過ごしください。