人生

久しぶりの・上京。

新幹線の車窓からの・ビルの灯やネオンを視界に、

もう40年以上も昔、

日本歯科大学の受験のために・上京した17歳の冬の記憶が

蘇って・来たのです。

商家の後継息子である私が、

歯科医師の道に進むことは、

家としては・タブーであったのです。

そのことを・十分に認識していた私は、

親に内密で、

受験の準備を進め・実行したのです。

叔父が・細かに援助していてくれた・お陰です。

愛用の・ハンティングワールドの鞄の中に、

(当時の高校生にしては・超生意気・贅沢者・道楽息子の見本ですね)

バスタオルで・シッカリの包んだ・観音様の仏像を抱えて、

不安で・不安で・たまりません・でした。

大東京ですもの。

私は・今も・東京は・苦手です。

都会人には・なれません。

神戸・元町や三ノ宮の・空気とは・全く違う

このメガシティは、

地方の私には・不釣り合い・だと、

つくづく・感じます。

それにしても、

人生って・あっという間に。